シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

安定同位元素

川口液化ケミカル株式会社では、医療分野をはじめ、バイオ、化学、理工学、原子力など多くの研究分野で注目されている安定同位体標識化合物を提供しています。世界最大の安定同位体製造メーカーである米国アイソテック(SIGMA-ALDRICH:ISOTEC)社の3000種以上の商品と受託合成サービスにより、市場ニーズに応える製品の供給に務めています。

取扱商材

・NMR測定用溶媒:CDCl3、CD3OH、D2O等
・ライフサイエンス研究用:糖、アミノ酸、核酸、脂肪酸他各種化合物(13 C、15 N、D、18 Oによる標識化合物)
・医療関連研究用:ポジトロンCT原料用(H218 O、15 N2等)
・原子力・理工学研究用:6 Li、57 Fe、25 Mg、64 Zn、202Hg等
・レーザー研究用:3 He、20 Ne、22 Neの混合ガス等

安定同位体(安定同位元素)

窒素同位体
  陽子数
(原子番号)
中性子数 質量数
14N7714
15N7815
酸素同位体
  陽子数
(原子番号)
中性子数 質量数
16O8816
17O8917
18O81018

同位体(同位元素)は原子番号(陽子数)が同じで質量数(陽子と中性子の数の和)が異なる元素で、安定同位体 (Stable Isotope、安定同位元素)と放射性同位体 (Radioisotope)の2種類に大別されます。
たとえば炭素(C)では、12Cと13Cが安定同位体であり、14C等他の同位体は放射性同位体です。放射性同位体は時間とともに電子・陽子・中性子・電磁波を放出するため他の核種に変化してゆきますが(放射性崩壊)、安定同位体 は一定の比率で自然界に安定に存在しています。
安定同位体には、炭素安定同位体(12Cと13C)のほか、水素安定同位体(1Hと2H(D))、窒素安定同位体(14Nと15N)、酸素安定同位体(16O、17O、18O)など周期律表に表される元素のほとんどに安定同位体があります。化学的性質がほぼ同じで、質量数や核スピン量子数等物理的性質が異なることを利用した安定同位体化学とそのアプリケーションは近年目覚しい発展を遂げ、様々な先端分野で広く利用されています。
安定同位体試薬は一般試薬と同等の法規で入手可能です。
安定同位体製品情報

二重標識水(Doubly-Labelled Water: DLW)法

二重標識水(DLW)法は、D(重水素)と18O(酸素-18)の2種類の安定同位体で標識された水(D218O)を摂取した後に尿中の安定同位体比(H/D,16O/18O)の変化を測定し、生体が1日に消費する総エネルギー量(Total Energy Expenditure:TEE)を算出する方法です。
TEEの測定には、ヒューマンメタボリックチャンバー(ヒューマンカロリーメーター)や加速度法などがありますが、二重標識水(DLW)法は、日常生活を制限することなくTEEを高精度に測定できる測定法です。
DLW製品情報

ポジトロン断層撮影法(Positron Emission Tomography = PET)

ポジトロン断層撮影法「PET」は、ポジトロン(陽電子)検出を利用した生体機能診断のための断層撮影技術です。ポジトロンを放出して核崩壊するポジトロン核種で標識された薬剤を生体に投与し、その薬剤の分布をポジトロン検出専用のPETカメラで断層画像として得ることで疾患部位の特定・悪性度を診断することができます。ポジトロン核種には、炭素-11(11C)・窒素-13(13N)・酸素-15(15O)・フッ素-18(18F)など生体を構成する元素があります。これらのポジトロンを標識した化合物をターゲットとした創薬・診断薬開発研究がさまざまな疾患を対象として行われています。
近年、PETはがん診療の分野で活躍しています。がん細胞はエネルギーの消費が激しく、エネルギー源となるブドウ糖を正常な細胞に比べて大量に細胞内に取り込みます。PET検査ではこの性質を利用し、ブドウ糖様の検査薬(18F-fluorodeoxy glucose = FDG)でがんの病巣を画像でつきとめます。
フッ素-18(18F)は、化学反応性が高く半減期110分とポジトロン放出核のなかでは長いため、PET診断薬FDGの標識核種として普及しています。酸素-18(18O)を原料としてサイクロトロンで加速した陽子を照射することで得られます。
PET製品情報

同位体比表記(δ値、単位:‰)

自然界には、化合物を構成する原子の元素組成が同じであっても質量数の異なる安定同位体が存在します。例として、炭素には12Cと13Cの2種類の安定同位体が存在し、それぞれの同位体組成は、12C約98.892%,13C約1.108%です。
わずかな同位体組成の変動を拡大し、わかりやすく表現したものが同位体比で、δ値(パーミル:‰)で表現されます。δ値とは、各元素について決められた同位体標準物質(スタンダード)の同位体比からのずれを千分率で表したものです。
δ[単位‰、パーミル]= [(RS/RR)-1]×1000(ただし、RSとRRは測定試料と標準物質の同位体比)近年、安定同位体比を用いた研究は、農学,海洋,環境,食品等、様々な分野で幅広く実施されています。定性的な指標となる安定同位体比は、物質の移動循環により形態が変化した後も供給源の同位体比を反映するため、安定同位体分析により得られた安定同位体比は、分析対象物の由来(起源)を知る貴重な情報となります。
わずかな安定同位体比の差異を測定するには、安定同位体比分析に特化した専用の安定同位体比質量分析計の利用が必要です。
安定同位体比質量分析情報

工業用ガス

おすすめ

高圧マスフローコントローラー
シリンダーキャビネット
液体窒素 冷えてます!
納期のかかるものが直ぐ欲しい。予算が無くて安価に欲しい。廃盤機種があれば。リユース機種満載情報はこちらへ!
ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.