シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

水素ガスによる事故 Part3

2011年5月28日 18:21

 昭和の20年代からの水素ガスに関する事故例を紹介しております
第3回目になります。

ゴム風船などにヘリウムガスではなく水素ガスを使用して事故になることが
多々あったようですが、現在は風船用に水素ガスは利用されておりま
せん。


昭和49年6月 新潟県金属工場 火災 負傷者2名
 工場内にある3基のカードルのうち、Aカードルは使用可能な状態。Bカードル
は充填瓶で納入されたばかりの状態。Cカードルが使用中でした。作業員
2名がBカードルの残圧確認のため容器弁を開けたところ、ブルドン管式圧力
計が破損し発火、火災になり設備の安全弁が加熱され、火の勢いのため
隣で使用中のCカードル容器口金及び容器安全弁が焼損、火災が更に広がり
ました。
 Aカードルは作業員がバルブ閉止し貯蔵場所から退避させ、工場消防隊及
び消防署による消火活動により2時間40分後完全鎮火しました。Bカードル
およびCカードルの一部を焼損し容器内のガスが燃焼した範囲で終息し、貯
蔵所建屋や供給側低圧配管には影響ありませんでした。
 原因は、残圧測定用の圧力計を、ボンベ圧力の高圧用圧力計にすべき
ところを低圧用圧力計を誤って取付け破損したことにより、破損時に火
花が飛び、摩擦熱、静電気などいずれかの理由で着火したものと思われ
る。


昭和49年7月 倉敷市高圧ガス充填工場 火災 物損
 水素ガス容器に充填する際、空ボンベで回収されてきたボンベの残ガス
を真空ポンプにより抜き取るためバルブ操作を行っていたが、バルブの
操作を誤り真空排気ラインに高圧水素ガスが 流れ込み、ポンプの安全
弁より水素ガスが噴出し着火したものの、消火器で消火しました。
 原因は、作業員による誤操作によるものです。


昭和49年11月 東京都路上 火災
 水素ボンベ35本を積載していた2tonトラックで公道を走行中、後輪のタイヤが
パンクを起こし、トラックが横転しました。水素ボンベは路上に投げ出され、
このうち3本のボンベネックバルブからガスが漏れ出し着火し、充填されていた
水素ガスが全量燃え続けている約1時間半の間、交通が遮断されました。
 原因は、水素ガスボンベが荷台で3段積みされており、ロープで固定されて
いたようで、一部のボンベのキャップが緩く、バルブの付け根の損傷を招いた
ものと思われます。


昭和50年2月 神奈川県商店街 爆発 負傷者1名
 商店の屋上で係留中のネットで固定したアドバルーンが突然爆発しま
した。
 原因は、ネットの一部がアドバルーンと接触し、そこから水素ガスが
漏れて静電気で着火したものと思われます。


昭和51年11月 宮城県製鋼工場 火災 
 製鋼工場で水素ガス雰囲気で焼鈍していたが、新設の焼鈍炉の試運転の
ため炉内に水素ガスを導入した際、着火した。
 原因は、静電気による着火と考えられます。


昭和55年4月 愛知県百貨店屋上 爆発 負傷者1名
 広告用直径2mのアドバルーン5個に水素ガスボンベ7m3x5本から補給していた
ところ、アドバルーン1個が爆発し、他の2個も誘曝しました。補給は調整器を
利用せず水素ボンベから直接ゴムホースで導入していました。


昭和55年5月 大阪府電子部品工場 爆発 負傷者1名
 工場従業員がガス警報器の実験をするため試験装置のBOX内に水素ガスを
導入して実験していたところ、装置内部に設置されていた電源コンセントの火花
により着火し爆発した。


昭和57年8月 山口県高圧ガス販売店 容器爆発 負傷者4名
 水素ガスボンベ1.5m3に調整器を取り付けて作業を行っていたところ、突然
容器が爆発し、作業員4名が重軽症を負いました。
 原因は、事故を起こした水素ボンベは、もともと酸素ガスを使用していた
容器で、用途を変更したものでした。容器の中に残留していた酸素ガスと
水素ガスが混合し曝鳴気が生成されたのではないかと推定されます。


昭和59年1月 富山県高圧ガス充填所 火災
 設備の加熱器と脱酸精製器の間にある銅パイプの箇所から水素ガスが漏洩し
保温材内部で着火したため、銀ロウが軟化し銅パイプが外れて水素ガスが急激に
噴出しました。
 原因は、ガスケットの注入ミスによるものと思われます。


昭和60年2月 千葉県化学工場 火災
 芳香族製造施設を運転中に、触媒再生系配管の一部に穴が開き、水素ガス
及び触媒が噴出し水素ガスに着火しました。
 原因は、触媒に添加された活性調整剤が配管に残留して硫化腐食を起こし
更に固形触媒の流動により摩擦の相乗効果により、曲がり部の配管肉厚が
極端に減少させたものと思われます。


昭和60年9月 群馬県 火災
 使用済みの水素カードルを交換するため、フォークリフトを使用して移動しようと
したところ、誤って別の消費設備に連結された水素カードルを移動させてしまっ
たため、接続部が破損し着火しました。
 原因は、取替えようとした水素カードルの間違いによるものです。

事故報告を見た人は、「そんなバカな」とか「そんな間違いはあり得ない」
とか、「俺はそんな間違いは起こさない」などと安易に受け取りがちです。
しかし、そうした油断の隙に事故の原因は潜んでいるのです。


水素ガスのご用命、水素ガス供給設備、水素ガス流量計、水素ガス配管工事
水素ガス漏洩警報設備、燃料電池用高圧水素ガス用調整器・バルブ・継手など
川口液化ケミカル株式会社までご相談下さい。
TEL 048-282-3665
FAX 048-281-3987
E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます

今日のさいたま市のお天気は?
 2011年5月28日 土曜日
 天気 あめ
 気温 20℃(PM8:00)

です。


さいたま市内の小学校に属する少年サッカーチームは
Jリーグ浦和レッズ本拠地 埼玉スタジアム2002 のピッチで
試合をすることができます。

「BOY'S MATCH」

本日も浦和レッズ VS アルビレックス新潟戦の前座試合として
実際に試合を行い、選手たちはその後のJリーグ観戦もしました。
指導者の皆さん! ぜひ応募されてはいかがでしょうか?

ボーイズマッチ2.JPG ボーイズマッチ1.JPG ボーイズマッチ3.JPG

 by との

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.