シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

水素ガスによる事故 Part4

2011年5月30日 19:57

 水素ガスに纏わる事故をご紹介する第5回目です。昭和61年からの
事故事例になります。


昭和61年2月 千葉県化学工場 爆発工場
 メタノール製造施設のメタノールクーラー入口配管の一部に亀裂が生じ水素+一酸化
炭素+メタノールの混合ガスが噴出し、約40秒後に着火、爆発しました。直ち
に運転を停止し、当該部分に窒素ガスを封入しました。
 原因は、反応器の触媒が異常に微粉化し、配管中に流れた触媒粒による
摩擦の効果が加わり、配管曲がり部において肉厚が減少したものと推定さ
れます。


昭和61年6月 千葉県高圧ガス充填所 火災
 水素カードルに水素ガスを充填中に、カードルの中の1本のボンベが底部湾曲部に
沿って破裂し、放出された水素ガス558m3が燃焼しました。火災は約20分間
で鎮火しました。


昭和61年7月 宮城県石油精製工場 火災 負傷者2名
製油設備は定期点検中で常圧蒸留装置は停止中で、事故当日始運転開始の
ためスチームによる気密テストを行っていました。同装置の冷却装置のヘッダーと管の
接合部に漏洩が見られたため窒素ガスによるパージを行い漏洩箇所を補修しま
した。その後の冷却装置のヘッダーカバーの取付作業中電動式インパクトレンチでボルト締
め付けを行っていたところ出火しました。
 原因は、常圧蒸留装置の補修完了後、窒素ガスで置換した管内にバルブ操作
の間違えにより水素ガスが混入し、インパクトレンチの締付け作業時に火花より着火
したものです。水素ガスは接触改質装置が運転してたためバルブ誤操作により
窒素ガス系統内に水素ガスが流れ込んだ模様。


昭和62年9月 宮城県研究所 爆発火災
 ロケットエンジンの供給系設備において、液水ターボポンプの試験に先立ち、ターボポンプ
駆動用ガス発生器のプリバーナーの燃焼試験を行い、その際に高圧ガス水素貯蔵供給
設備とプリバーナー
の点火器を結ぶ配管フランジ部から水素ガスが漏洩し引火しました。
 原因は、製作上の欠陥で、フランジボルトが切断されており、ボルトの長さが足りず
折損した模様と推定されます。


昭和63年2月 愛知県石油製油所 噴出破壊 負傷者2名
 重油直接脱硫装置へ水素ガスを供給する圧縮機の運転準備中にクランク室の点検蓋
がはずれ瞬間的に熱風が発生し操作中の運転員が負傷しました。
 原因は、通常圧縮機シリンダーの軸封部から漏れる水素ガスをパージするため窒素を
供給しているが事故調査の結果、窒素流量計が故障のためほとんどガスが流れて
いなかったことが判明しました。このことから軸封部から漏れた水素ガスがクランク
室にし侵入し、静電気により着火、燃焼し、膨張力によりクランク室の点検蓋が飛散
したものしたものと思われます。


昭和63年3月 岡山県石油製油所 爆発火災 負傷者2名
 定期修理のため前日より装置の停止作業中、発災直前運転員2名が現場に出向き
反応器への送油を停止するためポンプの吐出弁と戻り弁を操作していたところ、冷
却油受槽のフランジ部から内液が霧状に噴出すると共に原油受槽が破裂し爆発火災に
なりました。
 原因は、反応器の水素ガスの軸封部から漏れる水素をパージするための窒素を破裂
するとともに、噴出したガスと油に着火し火災となったものです。逆流したポンプ吐
出弁の閉止不足か戻し弁の開け過ぎによりポンプ吐出側の圧力が低下したものと、
逆止弁が故障していたためと推定されます。


昭和63年5月 山口県石油製油所 火災 
 アイソックス装置の反応器下流にある熱交換器の出口配管の水注入部分に直径7cmの穴
が開き、内部の水素+硫化水素+重油が逆流噴出し引火炎上しました。事故当時、
装置は運転中で出火直後に緊急遮断を行い鎮火した。


平成元年3月 岡山県石油製油所 爆発火災
 重油間接脱硫プラントにおいて運転員3名が巡回点検中に発災現場に近づくと「シュー」
という噴出音が聞こえました。音のするほうに近づくと音が急に大きくなり、逃げ
出した直後、高圧分離器付近で爆発炎上しました。


平成元年9月 大阪府石油製油所 火災
 減圧留出脱硫装置第2反応塔入口配管フランジ部より水素ガスを含んだ減圧経由が漏洩
し、着火しているのが発見され、緊急停止操作及び脱圧操作の効果により発災時の
約10MPaから1時間後には約0.6MPaに脱圧した時点で鎮火しました。
 原因は、フランジのホットボルティング時のボルト締め付けが不十分。フランジ上下部材質の違い
にyる熱膨張差。配管の熱影響がフランジ両面を開ける方向に働いた。のいづれかと考
えられます。


以上です。

水素ガスのご用命、水素ガス供給設備、水素ガス配管工事まで
川口液化ケミカル株式会社へご連絡ください。
TEL 048-282-3665
FAX 048-281-3987
E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます

今日の埼玉県川口市のお天気は?
 2011年5月30日 月曜日
 天気 あめ
 ボンベ庫の温度 朝17℃、昼20℃、夜18℃

です。

 サッカー、インテルの長友佑都選手が、イタリア移籍後初のタイトルを獲得しました。イタリアカップ決勝、インテルの長友選手は右サイドバックで先発出場しました。
長友選手は移籍1年目で初のタイトル獲得です。

「10年分くらいの経験をさせてもらったなと思います。

 サッカー選手として成長につながったと思います。」


 by との

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.