シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

Title:(54話)学校で高圧ガスを使用する"矛盾?"   (特殊ガス)

2011年1月14日 18:31

 特殊ガスに関するためになる情報をお届けするブログ第五十四話目になります。
作者はSGマイスターさんですが、なかなかこれだけのお話を書ける人はいません。

この場をお借りして感謝申し上げます。

SGマイスターさま、毎週のブログ投稿を続けていただき、ありがとうございます。
 by との

では、今週もよろしくお願い致します。


(54話)学校で高圧ガスを使用する"矛盾?"   '10.1.14

こんばんは

 世の中は受験シーズンまっただ中ですね。電車でも、単語帳や年表暗記、公式暗記
など広げている学生さんをみると懐かしく思ったりします。自分もあんな受験生だっ
た時代があったなぁと。。。

さて、受験シーズンに鑑み以前[(48話)学生さん達が高圧ガスを使用する場合'
10.12.3]でも触れましたが、学校での高圧ガス使用について改めて触れてみたいと思
います。

高校や高専などでも使用される場合もあると思いますが、高圧ガスを使う"学校"とい
うと主に"大学"ってことになりますよね。

私も社会人になってからよぉーく分かりましたが、大学の研究費は研究室によって"研
究費予算"はかなり違うようです。ちなみに私の通った研究室の年間予算は30万ほど
でした。もちろん随分昔の話しですが(^_^;)

研究を行うにはそれなりの費用が必要になります。
私の経験から、その必要経費をざっと上げてみると・・・

設備費、試薬費、外注(分析など)費、消耗品費、etc.

この中で"設備費"っていうのは範囲も広く、金額も大きいものです。
机やテーブル、パソコン、計測器類、等々です。


ここで特殊ガス(高圧ガス)について考えてみましょう。
ガスの部類は恐らく試薬と同様にある意味"消耗品"ですね。
例えば試薬と比較すると、試薬を使うのは測定器類。測定器類は直接的に研究に使う設備
ってことになります。これに対しガスはどうでしょう?

ガスを使うのも大抵の場合計測器類でしょう。ところが試薬類と違って、ガスを使用する
場合、直接研究に使うことが出来ず、その前に、"ガスを使用するための設備"が必要に
なります。


例えば、マニホールド、ボンベ架台、減圧弁、シリンダーキャビネット、etc.

よぉーく考えてみると、使用するために高額な設備を必要とする"消耗品"って高圧ガス
くらいなんです。たかだか数万円の消耗品を使用するために数百万の設備が必要になる・・・
変な話しです。

とは言え、高圧ガスを使用するためにはそれなりの設備が無いと使用出来ませんし、適当
な設備では作業に危険が伴います。実際、"大学"というところで高圧ガスの死亡事故と
いうのもあります。比較的キチンとして設備を持っていても、ちょっとした作業ミスで大
事故につながります。私たちガスに関わっている者からすると、キチンとした設備を必ず
使用して頂きたいと思いますが、何せ設備代が高すぎる。。。


そもそもガスは消耗品の部類です。

大学の研究では使用するガスが変わったりする・・・その都度設備更新が必要になる。
使用が非常に少量だったりでも、高価な設備が必要になる。

この矛盾をどうにかしないと大学でガスを使う研究は行えないってことになっちゃいますよね。
法律にも問題があるのかも知れませんが、"大学"という特殊なユーザーに対し特例を作るの
もおかしいですし。

私たち、ガスに関わる者達で何か解決策を見いだしたいものです。

今日は取りあえずこのへんで。。

 by SGマイスター

特殊ガス設備のご相談や御見積り、特殊ガス配管工事のご用命など
川口液化ケミカル株式会社まで、ご連絡ください。
TEL 048-282-3665
E-Mail:CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます

今日の埼玉県川口市のお天気は?
 2011年1月14日 金曜日
 天気 はれ
 ボンベ庫の温度 朝、昼2℃、夜

です。

江戸時代末期

黒船がやってきて・・・

その黒船に潜入するも、アメリカ行きはならず。
吉田松陰は最終的に逮捕され、松蔭と弟子の金子重ノ輔は江戸伝馬町の
獄に送られます。

取調べでは

「佐久間象山(吉田松陰の師匠)がおまえを密出国へうなが
 したんじゃないか?」

と尋問されました。
でも、松蔭はこう答えています。

「私は人の指図で動くような男じゃない。
 密出国は私の意志だ。」

命がけ。
それはいつだって、僕の意思だ。
逃げも隠れもしない。
それが吉田松陰だと。

その後、松蔭は、江戸から、故郷の野山獄へ送られることになります。

このときに幕府方の警備員は、なんと21人!
厳戒態勢です。
極悪人扱いなんですね。

連行中、高輪泉岳寺前にて吉田松陰が詠んだ句がこれです。

「かくなれば
 かくなるものと知りながら
 やむにやまれぬ大和魂」

こんなことをすれば、僕は捕らわれ、命を落としてしまうことになるかもしれない。
でも、「日本を良くしたい」というこの気持ちは、やむにやまれないんだ。

松蔭の気持ちが、まさに「やむにやまれぬ」という
7文字に込められています。

松蔭は
恋人を想うように、日本を想っていたのです。
(ヒスイコタロウ著 名言セラピー幕末スペシャルより)

 by との

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.