シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

Title : (5話)混合精度

2010年1月 8日 16:14

 毎週金曜日連載を開始したSGマイスターさんによる特殊ガスの
お話し第五話目です。だんだんと難しくなってきてますが、離されず
ついていきましょうね!では、よろしくお願い致します。


(5話)混合精度

こんにちは。

 今回の冬休みは少なめでしたね。
私の冬休み・・・ぼーっと過ごしてあっと言う間に終わっちゃいました。
ダメですよねぇ。  

教訓 : 休みも計画的に!

 さて前々回、"混合精度"についてふれて、問題も出しちゃいましたが
答の前に"精度"を考える上で"誤差"についてちょっと触れさせて下さい。

「ここに±1gの"誤差"を持つ秤があります。」

 この秤を使って、100gのものを量る場合の"誤差"と1000gのものを
量る場合の"誤差"を考えてみます。

 まず"誤差"とは、測定結果が"どれくらい真の値に近い"とか"複数回
測定するとばらつく範囲"などと考えて下さい。A君、B君、C君が同じもの
を量ったら、最も重い結果を出した人と最軽量結果の人の測定差が1gって
な意味です。

つまり・・・

100gに対して±1g・・・これは誤差1%(1÷100×100)
1000gに対して±1g・・・これは0.1%(1÷1000×100)

ってことになります。これを秤量誤差とも言います。


何が言いたいかと言うと、"量が多いものを測定すると精度が良く
なる≒誤差が小さくなる"ってことをちょっと知っといて頂きたいん
です。

"混合精度"から離れているように思われる方もいるかも知れませ
んが、"混合精度の向上≒誤差を小さくすること"と言い換えたら少
しピント来て頂けるでしょうか?

年始からちょっと頭を使ってしまいました。

今日はちょっと短めで。

いかがでしたか皆さん。
ご質問などございましたら info@klchem.co.jp まで
お知らせくださいね。

特殊ガス、特殊ガス機器、特殊ガス配管工事のことまで
川口液化ケミカル株式会社へどうぞご相談ください。
TEL 048-282-3665

E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます

今日の埼玉川口のお天気は?
 1月8日 金曜日
 天気 はれ
 ボンベ庫の温度 朝3℃、昼6℃、夜6℃

です。
 今日の富士山は、最高の超天気でしたが
頂上付近にチョボチョボと雲がかかってました。
そうはいっても東海地区焼津では、朝一番は1℃だったそうですよ!
朝は寒く、昼は温かく寒暖の差が大きいんだそうです。

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.