シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

三フッ化ホウ素 BF3 Part2

2009年8月15日 00:15

特殊ガスである三フッ化ホウ素ガスをご紹介する二回目です。

三フッ化ホウ素 : BF3

取扱いおよび貯蔵上の注意
 取扱い:高圧ガス保安法に準拠して作業をしましょう。換気の良い場所で使用し、急激な
      温度の変化を与えず、火気の近くでは絶対に使用をしないこと。容器の粗暴な扱
      いは厳禁で、予期を移動させる場合には、必ず保護キャップを装着します。ガス漏
      洩検知器を設置し、漏洩ガスを素早く検知できるような対策を講じること。ガスを容
      器から取り出す場合には、必ず減圧弁(調整器:レギュレーター)を使用します。容
      器は圧力を若干残した状態で使用を止め、絶対に大気圧以下(負圧)にしないこと。
      容器は、ガス漏れのないことを確認した後、バルブのキャップを取り付け返却します。
      万が一、容器を転倒したり、強くぶつけたりした場合には、漏れ検査を行います。空
      気よりも重たい極めて毒性の強いガスなので、漏れないように注意をします。乾いた
      三フッ化ホウ素は鉄を侵しませんが、湿った三塩化ホウ素は鉄を簡単に侵しますの
      で、配管内に湿気が入らないように注意します。吸湿性が強いので使用前後には、
      必ず配管内や装置の系統内を乾燥した不活性ガスで置換します。加水分解によって
      フルオロほう酸およびHF生成しますので、取扱には保護具を必ず着用します。
 貯蔵:高圧ガス保安法に準拠して貯蔵します。充填容器、残ガス容器のいずれであっても貯
     蔵所に保管をします。貯蔵所の周囲に火気や引火物、発火性の物質を置いてはいけま
     せん。容器は40℃以下の温度に保ち、直射日光の当たらない換気が良好な乾燥した
     場所に保管をします。容器はロープや鎖などで転倒を防止し保管をします。

暴露防止措置
 許容濃度:産業衛生学会勧告値 TWA 0.3ppm 0.83mg/m3
        OSHA PEL
        C 天井値 1ppm 3mg/m3
        ACGIH勧告値  TLV-C 1ppm
        その他 IDLH 100ppm
 設備対策:容器置場、シリンダーキャビネットには漏洩検知器、局所排気ダクト設備、火災
       警報機およびスプリンクラーを設けます。容器を配管に接続する場合には、容器
       バルブの最も近い部位に緊急遮断機構を備えることが望ましい。
 保護具:空気呼吸器、保護メガネ、保護服、保護手袋、保護長靴、容器収納筒、防災工具など


次回三回目に続きます。

高圧ガス(一般工業ガスから特殊ガスまで)、真空チャンバー(低真空チャンバーから
超高真空チャンバーまで)、低温機器(氷の温度から液体ヘリウム温度のクライオスタットまで)
川口液化ケミカル株式会社へどうぞご相談ください。
TEL 048-282-3665

E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます

今日の埼玉のお天気は?
 8月15日 土曜日
 天気 はれ

です。
 最近、クマゼミとアブラゼミの生息するエリアに
変化が出てきているそうです。もともとクマゼミは
暑い地域に生息する蝉なのだそうですが、東北
地方から北海道まで広がっているのだそうです。
シュワシュワシュワ〜 と、聴こえるのはクマゼミ。
昔ながらの、ジ〜〜〜〜〜〜ィ が、アブラゼミ。
羽が透明なのがクマゼミ、羽が黒と茶色の色付きなのが
アブラゼミです。観察してみましょうかね。

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.