シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

火力発電とCO2

2009年1月 5日 10:25

 その昔の海沿いにある工業団地には、灰色の煙がモクモクと天に
昇っている風景でした。この灰色の煙は石炭の燃えカスやCO2、NOx
(窒素酸化物)やSOx(硫黄 酸化物)が混ざっていました。しかし環境問
題に敏感になってきた昨今でもこの石炭による火力発電は、現在でも
日本国内で必要な電力発電量の1/4です。世界全体では、なんと電力
発電量の半分が火力発電です。特にエネルギー消費が多い、アメリカ
では極めて割合が高いようです。

 さてそんな昔からの発電方法である火力発電ですが、その技術は当然
ながら進歩しています。

 現在では石炭の燃えカスや、NOx、SOxのような煤塵はほぼ完璧に
除去する技術 が確率されています。ただしCO2は少し厄介です。既存
の火力発電所にはバイオ マス系の燃料を混合させて燃やす事で解決
出来ているようです。今後建築される新しい火力発電所にはCO2自体
を回収し貯蔵するシステムが必須となっています。

 あとは太陽光発電などの新しい発電方法の割合を増やし、火力発電
の稼働率を落とす方法も考えられます。

電力発電は我々の知らないところで、技術革新は進んでいるのです。

 さて大気中のCO2、NOx、SOxを観測分析するには、高精度の分析計
と高精度で混 合された標準ガスが必要不可欠です。標準ガスの購入は
川口液化ケミカル株 式会社までどうぞお問い合わせください。
 by toshi_matsu

TEL 048-282-3665

E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます

今日の埼玉川口のお天気は?
 1月5日 月曜日 
天気 はれ
です。
 さあ、2009年お仕事始めです!
気合いを入れていきましょう!!!

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.