シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

硫化水素のボンベ自然気化発生量は?

都内 某 I 社様より

硫化水素 (H2S)は液化ガスですが、30kg(47L)ボンベのから出てくる
自然気化で流せる最大流量は何リットルでしょうか?

プロパンガスやアンモニアガスと同様に、硫化水素は高圧ガスボンベ
の中では液体です。ボンベの中で液体から気体に気化することで硫化
水素ガスがボンベバルブから出てきますが、気化(ガス化)する発生
量は限られています。窒素ガスのように圧力さえあれば配管径の太さ
さえ条件揃えればいくらでも流量が稼げる気体のボンベとは扱いが異
なります。

自然気化しての発生流量は、おおよそ30kg(47L)で、0.5~1.5kg / hr
す。40℃に加熱すれば 4~6kg / hr 程度の発生流量になると言われて
おります。
1kg = 約650L とすれば、5L/min~16L/min。40℃で 43L/min~65L/min
の計算になります。
※上記数値は、保証値でなく、テストを行った実績値でもありません。

消費中に、硫化水素の蒸発ガス量が減少することがありますがこれは
容器内面の液面が低下することによる伝熱面積が少なくなり蒸発速度
が減少するためです。

最大流量を確保したい場合には、複数本の容器を並列に並べて自然気化
量を確保するか、ボンベ自体を法令+40℃以下の範囲で加熱または温水
or水を直接接触させる方法があります。また、30kg容器よりも大きな
500kg容器にすれば、30kg容器の5~6倍の流量が発生するとされます。

このページのトップへ

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.