シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

1.3 - ブタジエン(1.3-Butadiene) Part3

2016年8月 8日 23:07

一昨日から続きます、1.3 - ブタジエンをご紹介する第三回です。


取扱い保管上の注意
 取扱い注意
  作業者の安全、周辺の環境維持のために漏えいしない構造の設備を
  使用して取扱います。容器弁などの操作は丁寧に行い、過大な力を
  掛けないようにします。容器を転倒、転落、衝撃を加えたり、引き
  ずるなどの乱暴な取扱いをしてはいけません。転倒、転落防止の措
  置を講じます。使用済み容器は、圧力を残した状態で、弁を閉めて
  出口キャップを締めこみ、保護キャップを取り付けます。ガスを容
  器から取り出す場合は、必ず減圧弁を用います。ガスによる爆発を
  防止するため周囲に着火源のないことを確認します。万一容器を転 
  倒したりした場合は、洩れ検査を行います。静電気対策を行い、作
  業衣、作業靴は導電性のものを用います。支燃性物質との混合を避
  けます。

 管理上の注意
  高圧ガス保安法に準拠して貯蔵します。充填容器、残ガス容器のい
  ずれであっても貯蔵所に保管します。貯蔵所の周囲には火気、引火性
  発火物質を置かない。また、強力な酸化剤(酸素、ハロゲンなど)
  や可燃物と一緒に置いてはいけません。容器は40℃以下の温度に
  保ち直射日光の当たらない換気良好な乾燥した場所に保管をします。
  容器はロープまたは鎖などで、転倒を防止し、保管します。

暴露防止および保護対策
 設備対策
  局所排気装置、換気装置の設置、容器置き場、シリンダーキャビネット
  には漏えい検知器を設けます。関係者以外の立ち入りを禁止します。

 管理濃度
  設定されておりません。

 許容濃度
  日本産業衛生学会勧告値  設定されておりません
  ACGIH (2007年) TLV-TWA : 2ppm
 
 保護具
  呼吸器の保護     : 陽圧自給式空気呼吸器
  手の保護       : 保護手袋、安全シャワー、革手袋
  目の保護       : 安全ゴーグル、洗眼器
  皮膚および身体の保護 : 保護服、安全靴


つづく。


特殊ガスおよび特殊ガス供給設備から、特殊ガス配管工事まで
川口液化ケミカル株式会社へご相談ください。

TEL 048-282-3665
FAX 048-281-3987
E-mail : info★klchem.co.jp
※★を@に代えてお知らせください。

ありがとうございます

今日の埼玉県さいたま市のお天気は?
 皇紀2676年(西暦2016年)
 8月8日 日曜日  夕月

 初秋 七月節 立秋(りっしゅう)涼風至(すずかぜいたる)
 ※天皇陛下は国民に向けたビデオメッセージを公開しました。

 「戦後七十年という大きな節目を過ぎ、二年後には、平成三十年を迎えます。

  私も八十を越え、体力の面などから様々な制約を覚えることもあり、ここ
  数年、天皇としての自らの歩みを振り返るとともに、この先の自分の在り
  方や務めにつき、思いを致すようになりました。

  本日は、社会の高齢化が進む中、天皇もまた高齢となった場合、どのよう
  な在り方が望ましいか、天皇という立場上、現行の皇室制度に具体的に触
  れることは控えながら、私が個人として、これまでに考えて来たことを話
  したいと思います。

  即位以来、私は国事行為を行うと共に、日本国憲法下で象徴と位置づけら
  れた天皇の望ましい在り方を、日々模索しつつ過ごして来ました。伝統の
  継承者として、これを守り続ける責任に深く思いを致し、更に日々新たに
  なる日本と世界の中にあって、日本の皇室が、いかに伝統を現代に生かし、
  いきいきとして社会に内在し、人々の期待に応えていくかを考えつつ、今
  日に至っています。

  そのような中、何年か前のことになりますが、二度の外科手術を受け、加
  えて高齢による体力の低下を覚えるようになった頃から、これから先、従
  来のように重い務めを果たすことが困難になった場合、どのように身を処
  していくことが、国にとり、国民にとり、また、私のあとを歩む皇族にと
  り良いことであるかにつき、考えるようになりました。既に八十を越え、
  幸いに健康であるとは申せ、次第に進む身体の衰えを考慮する時、これま
  でのように、全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しく
  なるのではないかと案じています。

  私が天皇の位についてから、ほぼ二十八年、この間(かん)私は、我が国
  における多くの喜びの時、また悲しみの時を、人々と共に過ごして来まし
  た。私はこれまで天皇の務めとして、何よりもまず国民の安寧と幸せを祈
  ることを大切に考えて来ましたが、同時に事にあたっては、時として人々
  の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切なことと考
  えて来ました。天皇が象徴であると共に、国民統合の象徴としての役割を
  果たすためには、天皇が国民に、天皇という象徴の立場への理解を求める
  と共に、天皇もまた、自らのありように深く心し、国民に対する理解を深
  め、常に国民と共にある自覚を自らの内に育てる必要を感じて来ました。
  こうした意味において、日本の各地、とりわけ遠隔の地や島々への旅も、
  私は天皇の象徴的行為として、大切なものと感じて来ました。皇太子の時
  代も含め、これまで私が皇后と共に行(おこな)って来たほぼ全国に及ぶ
  旅は、国内のどこにおいても、その地域を愛し、その共同体を地道に支え
  る市井(しせい)の人々のあることを私に認識させ、私がこの認識をもっ
  て、天皇として大切な、国民を思い、国民のために祈るという務めを、人
  々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは、幸せなことでした。

  天皇の高齢化に伴う対処の仕方が、国事行為や、その象徴としての行為を
  限りなく縮小していくことには、無理があろうと思われます。また、天皇
  が未成年であったり、重病などによりその機能を果たし得なくなった場合
  には、天皇の行為を代行する摂政を置くことも考えられます。しかし、
  この場合も、天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま、
  生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはありません。

  天皇が健康を損ない、深刻な状態に立ち至った場合、これまでにも見られ
  たように、社会が停滞し、国民の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念
  されます。更にこれまでの皇室のしきたりとして、天皇の終焉に当たって
  は、重い殯(もがり)の行事が連日ほぼ二ケ月にわたって続き、その後
  喪儀(そうぎ)に関連する行事が、一年間続きます。その様々な行事と、
  新時代に関わる諸行事が同時に進行することから、行事に関わる人々、
  とりわけ残される家族は、非常に厳しい状況下に置かれざるを得ません。
  こうした事態を避けることは出来ないものだろうかとの思いが、胸に去来
  することもあります。

  始めにも述べましたように、憲法の下(もと)、天皇は国政に関する権能
  を有しません。そうした中で、このたび我が国の長い天皇の歴史を改めて
  振り返りつつ、これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり、相た
  ずさえてこの国の未来を築いていけるよう、そして象徴天皇の務めが常に
  途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じ、ここに私の
  気持ちをお話しいたしました。

  国民の理解を得られることを、切に願っています。」

 天気 はれ
 ボンベ庫の温度 朝27℃、昼35℃、夜31℃
 弊社 太陽光パネル総発電量 54.7kW
 本日の電力最大消費率は? 
 東電85%、北陸電83%、中部電92%、関西電93%、中国電88% 
 四国電91%、九州電91%、北海道電77%、東北電86%

 利根川上流域の関東8ダム貯水率は?
  08/08 23:00 206,886千m3 60.2%(国土交通省関東地方整備局HPより)
 (藤原・相俣・薗原・矢木沢・奈良俣・下久保・草木および渡良瀬貯水池)
 *Twitter ランキング Trend Naviより
 1位:月9、2位:山崎賢人、3位スマスマ
 4位:三浦翔平、5位: かなた
です。


ミゾイキクコさん Twitterより
‏@kikutomatu
1934年生まれ 81歳。
趣味・茶道、園芸、料理、写真、 お茶大理学部卒業。
ツイッター開始2010年1月28日。
70年前から見てきた人々の生活、戦争中、敗戦後の生活、高齢者問題について呟きます。
著書:何がいいかなんて終わってみないとわかりません。 

「義父母の気持ちが判るのは、同じ位の年にならないと
 判らないものの様だ。
 私など義父母の年どころか80歳台になってからしか判らない。
 色々判るためにはもっと長く生きなければだめそうだ。
 今判るのはいいひとだったということ。
 期待されてたということ。
 だがなにも答えられていないという事。」

 by との

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.