シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

ティグ溶接の特徴は?

2016年5月 3日 22:17

高圧ガス設備から、超高真空チャンバー、クライオスタット極低温機器まで

ティグ溶接なしには存在し得ません。


そもそも、ティグ溶接とは?

「アルゴンガスまたはヘリウムガスなどの不活性ガス雰囲気中で
 タングステン電極とステンレスなどの母材との間にアークを発
 生させ、この熱によって母材を溶融させておこなう溶接法のこ
 とです。」
 ※不活性ガスはイナートガスと呼ばれ他の物質と化合しない
  化学的に安定なガスのことです。

 一般的には薄板でない限り、溶接棒を挿入しながら溶接します
が、挿入速度と挿入方法などの微調整により溶接自体をコントロ
ールできます。

電極のタングステンは約3400℃にもなるので、不活性ガス中では
アークの熱での溶融のロスがなく、アークも安定しています。


ティグ溶接の、主な特徴は・・・

・不活性ガス雰囲気中で溶接を行いますので、ほとんどすべての
 金属の高品質な溶接ができます

・スパッタの発生が少なく、溶接ビードの外観が綺麗です

・溶接ヒュームが少なく、溶接環境への悪影響がほとんどありません

・数 A の小電流から、数百 A までの広範囲で安定したアークが得
 られ、1mm 以下の薄板でも加工可能です

・アークから母材に入る熱量と独立していて、溶着する金属の量
 を溶接棒の送りスピードで制御でき、ビードの溶着量自体も調
 整可能です

・ミグ溶接に比べると、溶け込みが浅く、溶接スピードを早くで
 きません

・溶接池に、溶接棒を挿入できる金属量に限界があり高効率溶接
 には不向きです

・アークスタートは高周波発生装置に依存するため電気的なノイズ
 が発生しやすい

などです。

高圧ガス設備のステンレス、アルミ溶接加工品から
真空容器(チャンバー)の各種溶接加工品や
液体窒素、液体ヘリウム温度の冷凍機を含めたサンプルステージや
クライオスタット設備の溶接加工まで

川口液化ケミカル株式会社へご相談ください。
TEL 048-282-3665
FAX 048-281-3987
E-mail : info★klchem.co.jp
※★を@に代えてお知らせください。

ありがとうございます

今日の埼玉県川口市のお天気は?
 皇紀2676年(西暦2016年)
 5月3日 火曜日 有明月

 晩春 三月中 穀雨 末候 牡丹華(ぼたんはなさく)
 ※英国プレミアリーグのレスターはクラブ創立133年目の
 「奇跡の初優勝」を実現させました!
  おめでとうございます。

 天気 はれ
 気温 20℃(PM10;00)
 本日の電力最大消費率は? 
 東電87%、北陸電77%、中部電77%、関西電83%、中国電84% 
 四国電84%、九州電87%、北海道電80%、東北電78%

 *Twitter ランキング
 1位:レスター優勝、2位:アザール、3位:岡崎、4位:チェルシー、5位:地震
です。

2016.05.03県営大宮球場.JPG
埼玉県 高校野球春季大会準決勝戦
浦和学院 vs 上尾高校
in 県営大宮球場

ミゾイキクコさん Twitterより
‏@kikutomatu
1934年生まれ 81歳。
趣味・茶道、園芸、料理、写真、 お茶大理学部卒業。
ツイッター開始2010年1月28日。
70年前から見てきた人々の生活、戦争中、敗戦後の生活、高齢者問題について呟きます。
著書:何がいいかなんて終わってみないとわかりません。

「私が殆ど苦労というものをせず
 今まで来られたのは
 両親と夫のお陰といまさらにしておもう。」

 by との

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.