シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

水素用インライン型精製器使用上の注意 Part1

2016年2月 5日 21:27

 水素ガス用の精製器を使う前に、基本的な注意事項をよく理解して
使用開始しましょう!

例えば・・・

・不純物の除去
・水素とゲッター剤との発熱反応
・水素用ゲッター剤の工場における前処理
・水素とゲッター剤の関係
・水素用精製器を安全に使うための注意点
・パージガスが窒素用の精製器

などです。


不純物の除去は?

 CO , CO2 , O2 , N2 などほとんどの不純物は、化学反応でゲッター剤に
 拡散吸着されると放出されることはありませんが、例外的に水素につい
 てはゲッター剤ととても反応しやすく、ゲッター剤から可逆的反応とし
 て水素が放出されます。

水素とゲッター剤との発熱反応は?
 
 水素がゲッター剤に吸着されるときには発熱反応になりますので精製器
 本体へ高い密度で水素が通過します。このとき発熱反応を制御できない
 とステンレス製精製器であっても容器が溶けてしまうことがあります。
 ゲッター剤が吸収できる水素の量に限りがあるので発熱を抑えることが
 できます。

水素用ゲッター剤の工場における前処理は?

 水素とゲッター剤が反応しやすいため、工場出荷前にゲッター剤に水素を
 飽和させて発熱を抑えているので、いきなり水素を流しても危険な状態に
 はならないように調整されています。

水素とゲッター剤の関係は?

 ゲッター剤は水素を拡散吸着しますが熱を加えると拡散吸着した水素を
 放出してしまいます。


次号へ続く。


特殊ガスボンベのご用命から、特殊ガス精製機、排ガス除害装置まで
川口液化ケミカル株式会社へご相談ください。
TEL 048-282-3665
FAX 048-281-3987
E-mail : info★klchem.co.jp
※★を@に代えてお知らせください。

ありがとうございます

今日の埼玉県川口市のお天気は? 
 2016年2月5日 金曜日  二十六夜
 初春 正月節 立春 初候  東風解凍
 ※気象庁は桜島の昭和火口で爆発的噴火が発生し、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)
 から3(入山規制)へと引き上げたと発表しました。

 天気 はれ
 ボンベ庫の温度 朝2℃、昼5℃、夜7℃
 弊社 太陽光パネル総発電量 20.2KW
 本日の電力最大消費率は?
 東電82%、北陸電81%、中部電83%、関西電79%、中国電82%
 四国電87%、九州電86%、北海道電73%、東北電83%

 *Twittter ランキング
 1位:地震、2位:桜島噴火、3位:BIGBANG、4位:Mステ、5位:すばる
です。

カラダを整える7つの習慣 

 気持ちがあっても
 カラダがついていかないことはよくある。

 だからと言って
 そのままにしていたら
 余計にカラダもココロも崩れていく。

 ココロがカラダに引っ張られているなぁ
 と思うときほど
 意識的にカラダを整える。

 1)エネルギーの高いごはんを、ちゃんと食べる。
 2)いったん何もしない無目的な時間をつくって、ココロとカラダを開放する。
 3)お風呂やマッサージでカラダをゆるめて、溜まったネガティブなエネルギーを抜く。
 4)カラダがゆるむ信頼している人たちと、楽しい時間を過ごす。
 5)いつもいる場所を、カラダが喜ぶ空間に変える。
 6)カラダ(特に下半身と背骨と手)を温める。
 7)爪をキレイに切ったり、磨いたりする。

 そうすると
 しぜんと気持ちも整っていき
 仕事も人間関係も整っていく。

(小田真嘉氏成長のヒントブログより)

 by との

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.