シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

高圧ガス検知警報設備を設置するには・・・

2015年12月 7日 18:50

 高圧ガスの製造設備や消費設備では、可燃性、毒性、腐食性、酸欠防止の
酸素濃度など各種ガスの定置測定できる検知警報設備が必要です。

高圧ガス保安法のほか労働安全衛生法などでも、細かな規定があります。

それではどのように設置したら良いのでしょう?


一例を、ご紹介致します。

高圧ガス検知警報設備の検出センサーの設置場所や設置個数は、屋内に設置
されている製造設備、消費設備、その他ガスの漏洩しやすい設備が設置して
ある場所の周囲で、漏洩したガスが滞留しやすい場所で設備の周囲 10m に
センサー 1点 以上の割合で設置するか、屋外の場合には漏洩しやすい設備が
その他設備や壁面、その他の構造物に接しているかピットなどの内部でガス
が滞留するおそれのある場所に、その設備などの周囲 20m に 1点 以上の割
合数を設けます。検知センサーの設置高さは、該当するガスの比重と周囲の
状況やガスの設備の高さなどの条件に合わせます。ガス漏洩警報を発した場
合に、警報情報を同期させてパトライトやブザーの起動をさせる場合には、
漏洩後に対策を講ずるための適切な場所に設置をすることが大切です。

検知警報設備の対象ガスのうち、前述の可燃性ガスでは爆発下限界の 1/4 の
値を設定します。毒性ガスでは許容濃度以下の値にします。警報を発した後
原則として雰囲気中のガス濃度が変化してもガス警報を発し続けることが望
ましく、漏洩確認や対策を講じたことで警報が停止することが望ましいとさ
れております。警報盤などの警報ランプやブザーは、ガス漏洩や濃度の変化
と同時に点灯や点滅させます。なお、主なガスセンサーの点検は、日常点検
定期点検を行って確実に作動するように管理を徹底します。


各種高圧ガスの漏洩検知法設備や不活性ガスの充満時に酸欠防止の意味で
酸素濃度計を設置するなど、川口液化ケミカル株式会社までご相談ください。
TEL 048-282-3665
FAX 048-281-3987
E-mail : info★klchem.co.jp
※★を@に代えてお知らせください。

ありがとうございます

今日の埼玉県川口市のお天気は?
 2015年12月7日 月曜日  有明月
 ※JAXAは、惑星探査機「あかつき」を金星を回る起動に投入しました。
 天気 はれ
 ボンベ庫の温度 朝、昼8℃、夜
 弊社 太陽光パネル総発電量 12.1kW
 本日の電力最大消費率は?
 東電84%、北陸電88%、中部電86%、関西電78%、中国電93%
 四国電85%、九州電83%、北海道電75%、東北電82%

 *Twitter ランキング
 1位:ネモ、2位:夕焼け、3位:小田急、4位:板ザン、5位:すばるくん
です。

私は、どれぐらい素直なんだろう・・・ 

 大切な人から選ばれるためにも
 秘められた能力を発揮するにも
 自分のお役目を果たすためにも

 共通して大事なことは
 素直であること。

 素直とは生まれつきの性格で
 変わらないものではなく

 心の強さであり
 どこまでも磨いていけるもの。

 逆に人にも、自分にも
 素直になれないのは
 心の弱さが原因だから。

 いろいろなことを経験し
 山も谷もたくさん超えることで

 心が強くなり
 素直になっていく。

 そんな素直な人は

 内面から輝きが溢れて
 大切な人たちから支えてもらい

 秘められた能力も次々に発揮し
 お役目を果たす道のど真ん中を
 誇りを持って、堂々と歩くことができる。

(小田真嘉氏成長のヒントブログより)

 by との

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.