シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

高温熱処理炉の生産性向上

2015年11月28日 18:22

真空雰囲気やガス雰囲気での熱処理炉はバッチ処理が原則です。

2015.11.28降温3.JPG
Max 1200℃ 環状炉(Ar or Vacuum)

実験炉の場合には、ワンバッチの処理時間を要しても

「止む無し」

といったところですが・・・

如何に早く、如何に歩留まり良く、数多くの製品を生産するか
が勝負の生産機にあっては、ワンバッチの処理時間がどれだけ
短くなるかが、生産性向上に寄与する大きな要因のひとつにな
ります。

例えば・・・

熱処理温度の高温域から、常温まで降温するまでの時間が
1/ 10(十分の一) 程度まで時短できたらいかがでしょうか?

2015.11.28降温1.jpg

この高温熱処理炉のデーターは、上下が時間軸、左右が温度軸
のデーターロガーデーターです。

青い矢印部分から急激に温度が降温しています。

画面左の両端矢印白線が通常の降温に要する時間軸ですが、画
面表示している黄色四角枠の中で、あっという間に常温まで降
温しています。

2015.11.28降温2.jpg

時短可能な降温機構を備えた熱処理炉ならば、猛烈な速さで
次バッチへの製品入れ替えが可能となります。
※サーマルショックは免れませんので、製品によって影響の出る
 場合がございます。

2015.11.28降温4.JPG
降温機構付き真空・ガス雰囲気環状炉

国の融資制度、生産性向上の投資促進税制など実績ある熱処理炉
のことなら

川口液化ケミカル株式会社へご相談ください。
TEL 048-282-3665
FAX 048-281-3987
E-mail : info★klchem.co.jp
※★を@に代えてお知らせください。

ありがとうございます

今日の埼玉県さいたま市のお天気は?
 2015年11月28日 土曜日 立松月
 ※サッカーJ1の年間優勝を争うチャンピオンシップの準決勝が行われ
 年間順位で3位のガンバ大阪が、第1ステージを制し、年間2位の浦和
 レッズに、延長戦の末、3対1で勝ち、決勝に進みました。

 天気 はれ
 気温 10℃(PM6:30)
 本日の電力最大消費率は?
 東電84%、北陸電83%、中部電88%、関西電79%、中国電84%
 四国電86%、九州電92%、北海道電79%、東北電85%

 ※Twitter ランキング
 1位:羽生くん、2位:ガンバ、3位:今井洋介、4位:東口、5位:モノハン
です。


【今回の七十二候】11月27日~12月1日

小雪(しょうせつ)
朔風払葉(きたかぜ このはをはらう)
__________________

冷たい北風が木々の葉を払い落とす頃。

朔風(きたかぜ)は〝さくふう〟とも呼び
「朔(さく)」は北の方角を表し、北から吹く風のことです。

ここでいう〝きたかぜ〟は「木枯らし(こがらし)」のこと。

関東では「からっ風」ともいわれます。
温かい料理がしみわたる季節です。

 *

今回のお食事「ゆにわ」七十二候の開運料理は・・・

「バインセオ」です。

ベトナム流のお好み焼きと言われています。
中にいれる具材は絶対にこれじゃないとダメというものではなく
レシピで記載していない

豚肉や鶏肉、きのこを代用しても大丈夫です。
野菜がたっぷり食べれて美味しく、私もお気に入りの料理です。

--------------------------------------------

ゆにわでは、次の材料で作ります。

【種】上新粉、片栗粉適量(タネが固くなるまでいれる)、
   ターメリック、天然塩適量、ココナッツミルク、水適量

【具材】鶏そぼろ、えび、卵(炒り卵にする)、
   青ネギ小口 適量、もやし

【たれ】魚醤(カタクチイワシ)、酢、昆布だし
   ゆにわの喜界島きび砂糖、唐辛子

【トッピング】レタス、香草(パクチー)

-----------------------

【 作り方 】
1、青ネギは小口切り、鶏ミンチはほんのり甘辛くそぼろ、卵は炒り卵
  もやしは洗って、さっと湯通し(ほとんど生でよい)にしておく。
  えびは、皮をむいて、片栗粉・塩で洗い、水気を切って、オリーブ
  オイルで炒める。
  レタス、香草は洗って、大きくちぎっておく程度でよい。

2、種の材料をボウルいれて混ぜあわせる。

3、2の種 をフライパンに少し広げて味見をし、OKであれば、油を敷いて
  焼いていく。

4、3がある程度火が入ってきたら、鶏そぼろ、青ネギ小口、炒り卵
  えびをちらし、最後にもやしを豪快に乗せる。

5、蓋は閉めずに、ひを入れて、もやしを温めるイメージで火を入れる。

6、仕上げに玉締めごま油を淵から回し入れて、強火にし、生地の表面を
  パリパリに仕上げる。(焼目はついてOK)

7、タレは昆布だしにゆにわの喜界島きび砂糖、唐辛子を入れて火にかけ
  甘辛いだしを作る。
  魚醤(かたくちいわし)と酢で、そのだしを割る。

6の完成品とレタスや香草と一緒に、お好みでタレをかけていただく。


 by との

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.