シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

LPGの蒸気圧と沸点について

2015年3月16日 19:44

 LPGのような液化ガスの液体と平衡状態にある蒸気の示す圧力をその
液体の蒸気圧といいます。

蒸気圧は温度によって異なりますので他の圧縮ガスのように容器内の圧
力によってその残量を知ることが出来ません。また、真夏など直射日光
や輻射熱など熱の当たる場所では、容器内圧が上昇して安全弁が作動す
るなど事故に繋がりかねません。外熱がLPGボンベにかかる場所には容
器の貯蔵場所にしてはいけません。

沸点は、1気圧で沸騰する温度ですが、圧力が高くなれば沸点も上昇し
ます。プロパンの大気圧における沸点は、-42.12℃で、n - ブタンは
-0.5℃ ですので、真冬の猛吹雪など過酷な環境ではLPG容器を保冷す
るなど対策を講じなければ配管内や圧力調整器(減圧弁)などでは
再液化や凍結するなどのトラブルになります。

液化プロパンや液化ブタンが気化するときには、内部エネルギーの増加
により気化の潜熱が必要で、プロパンでは約 102.o kcal / kg で、ブタン
では約 92.2 kcal / kg の気化潜熱が必要です。液化ガスが気体のガスに
変化し気化するにはこれだけの熱量を液体自体の持つ熱エネルギーから
奪うことになりますので、液体の温度は下がり容器内圧も同時に下がり
ます。ガス消費量が少ない場合には、液は外気温によりLPGボンベの側
面から温めて蒸発を維持することもできます。消費量が多い場合、ボン
ベ外壁からの熱補給では奪われる潜熱に追い付くとができずに、ボンベ
内の圧力が低下してガスが出てこなくなり、装置や火炎などが形成でき
ず使用できなくなります。

故に、ガス消費量が大きい場合にはボンベの外部から温めるか、ボンベ
の本数を増やして、ボンベの表面積を多くしてより多く受熱できるように
します。それでも間に合わないときには、液体のままボンベから取出した
LPGを電気ヒーターやスチーム熱などで熱交換して加熱蒸発させるしかあ
りません。あったら怖いのですが、液体のまま人体の皮膚などに接触する
と気化潜熱がとにかく大きいので凍傷になってしまいますのでくれぐれも
お気をつけ下さい。

LPGボンベの手配から、LPGボンベ複数本の集合装置やLPGマニホールド
LPG圧力調整器やLPG流量制御機器(MFC / MFM など)
川口液化ケミカル株式会社へご相談下さい。
TEL 048-282-3665
FAX 048-281-3987
E-mail : info★klchem.co.jp
※★を@に変えてお知らせください。

ありがとうございます

今日の埼玉県川口市のお天気は?
 2105年3月16日 月曜日
 ※中国の李克強首相は全国人民代表大会閉幕後の記者会見で
 「新常態(ニューノーマル)」と位置づける新たな経済情勢下での構造改革
 推進の決意を改めて強調しました。

 天気 くもり
 ボンベ庫の温度 朝10℃、昼10℃、夜13℃
 弊社 太陽光パネル総発電量 31.3kW
 本日の電力最大消費率は?
 (エレクトリカルジャパンより)
 東電84%、北陸電85%、中部電90%、関西電81%、中国電89%、四国電91%、九州電83%
 北海道電75%、東北電84%

 *Twitter ランキング
 1位:検非違使、2位:大賞、3位:パリピポ、4位:東出、5位:東方神起
です。

魅力は、足し算ではなく、引き算 


 本物の魅力とは

 次々に特別なことができたり
 高価なモノを持っていたり
 多くの人から認められたり

 ...ではない。


 技術やテクニックを引いて
 実績や肩書や評価を除いて

 最後に残った

 性格、人柄、働き方、生き方
 心の純粋さ、誠実さ、熱さ...、など。

 
 魅力的になるためには

 何かを新たに足していくのではなく
 逆に引いていき
 丸裸で勝負していく。


(小田真嘉氏成長のヒントブログより)

 by との

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.