シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

超伝導材料

2015年1月18日 18:01

電気抵抗がゼロ(零)の超伝導は夢の材料です。


人類で始めに発見された超伝導材料は、1911年オランダの
カメリン・オンネスが金属水銀で発見しています。

転移温度は 4.2K の約 -269℃ の極低温です。
 ※転移温度(Wikipedia)とは?
  転移温度 (てんいおんど、Transition temperature) は相転移を起こす温度のこと。
  転移温度をTcと書くこともあるが、異なる場合もある(例:反強磁性における
  ネール温度をTNと書いたりする)超伝導において、常伝導から超伝導、超伝導
  から常伝導に相転移する温度のことを超伝導転移温度、あるいは転移温度という。
  または、臨界温度ともいう。記号はどちらもTc(critical temperature)を使う。

金属では、ニオブの 9.22K が最も高い温度で、スズ(錫)と
ニオブの合金 Nb3Sn でも 17K でした。その後、1986年に
La (ランタン) - Ba (バリウム) - Cu (銅) - O (酸素) 系の物質が超伝導
を示すことをベドノルツ氏とミュラー氏が発見してから超伝
導の世界が一転しました。

更に、1987年 90K 近辺で転移する Y (イットリウム) - Ba - Cu - O 系
で液体窒素温度 77K , -195.8℃ 以上で超伝導を示す物質が合成
されて液体ヘリウム 4.2K を使わなくても超伝導を利用するこ
とが出来るようになったのです。磁気浮上式のリニアモーター
カーの進化もその恩恵を受けて開発されたものなのです。


液体炭酸、液体窒素、液体ヘリウムなど液化ガス流体と専用機器
のことなら川口液化ケミカル株式会社までご相談下さい。
TEL 048-282-3665
FAX 048-281-3987
E-mai: info★klchem.co.jp
※★を@に変えてお知らせください。

ありがとうございます

今日の埼玉県さいたま市のお天気は?
 2015年1月18日 日曜日
 ※「全国都道府県対抗男子駅伝」で昨年2位だった埼玉が
 2時間19分14秒(速報値)で初優勝を果たしました。
 1区(7キロ)は6位で2区(3キロ)の橋本龍(毛呂山川角中)が
 区間トップの8分39秒で1位に躍り出で、3区(8・5キロ)で熊本に
 抜かれたが4区(5キロ)で小山直城(松山高)が区間トップの14分13秒
 で再び1位になると、そこからトップを譲ることなくアンカーで主将の
 服部翔大(Honda)が、ゴールテープを切りました。

 天気 はれ
 気温 3℃(PM6:00)
 本日の電力最大消費率は?
 電力使用量計測サイト(エレクトリカルジャパン)より
 東電78%、北陸電ND、中部電85%、関西電76%、中国電ND、四国電ND、九州電84%
 北海道電85%、東北電83%

 *Twitter ランキング
 1位:ゴウセル、2位:プリキュア、3位:レッド、4位:ブル−、5位:サボ
です。


それは、ホントの自分なんだろうか? 

 「問題が起きないように、うまくやろう」

 「できるだけ、失敗しないようにしよう」

 という

 消極的な心の方が大きくなっているときは


 「ホントの自分(自分らしさ・個性・本音)」が後ろに隠れ

 ニセモノの自分が、どんどん前に出てきている。

 そんなときは


 「そもそも、自分はどう生きていきたいのか?」

 「たとえ何度か失敗しても、やりたいことは何か?」

 「せっかくなら、何を残したいか?」


 と、奥に隠れている

 ホントの自分を呼び出してみる。

(小田真嘉氏成長のヒントブログより)

 by との

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.