シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

ガスの吸着

2013年4月 2日 20:12

 活性炭に代表される吸着剤を使用して、悪臭や大気有害物質特定物質などを
処理するためガス処理を吸着装置などで利用されております。

ガス吸着処理については、被処理ガスの濃度が変動しても対応が可能であったり
対象ガスが明確であれば100%の除去が可能であったり、操作や装置の構造が単
純であるメリットがあります。逆に、処理に要するコストが割高であり、不純物
やゴミ、ミスト等の水分や高温ガスは予備処理が必要になるなどのデメリットも
あります。※あらゆる全てのガスを対象にしておりません。

吸着剤が気体と接して平衡状態にある場合、その吸着量は気体の濃度(分圧)と
温度により変わります。被吸着物質の分圧が下がるか、温度が上昇すれば吸着量
は減少し被吸着物質が吸着剤から離脱して気相に出てくる現象を脱着といいます。
吸着剤の充填層に被吸着物質を含むガスを流すと、充填層出口ガス中の被吸着物
質の濃度がある時間以後急速に増加して、最終的に入口圧力と等しくなり、この
現象を破過といいます。充填層出口濃度が急激に増加するポイントを破過点とい
い、ガスを流し始めてから破過点に達するまでの時間を破過時間と呼びます。

一般工業用に使用される多孔性吸着剤は、内部表面積が大きく吸着性が著しい固
体で、活性炭やシリカゲルが代表的なものです。最も多く利用されている活性炭
は、石炭、木炭、ヤシ殻などを900℃前後で水蒸気と空気などで賦活するガス賦
活炭と、木質原料を塩化亜鉛やリン酸などの薬品に浸漬させた後、炭化してつく
る薬品賦活炭とがあります。排ガス処理の有機溶剤回収用にはガス賦活炭が用い
られ比表面積は 700〜1600 m2/g で他の活性炭より著しいものです。活性炭は他
の吸着剤に比べて極性が小さく、その吸着は水、アルコールなどの極性物質より
は飽和炭化水素などの無極性物質の吸着に優れています。また、相対湿度40%以
下で空気中の水分をほとんど吸着しないため水蒸気を含む空気中の炭化水素の除
去に優れています。活性炭は、炭素数の大きい炭化水素を吸着し易く形状は粒状
粉末、ビーズ、繊維などがあります。

化学薬品を染み込ませた添着炭も使用され、アンモニアなど塩基性ガスには酸性
成分添着炭が硫化水素などの酸性ガスにはアルカリ成分添着炭が適します。被吸
着成分にハロゲン系化合物を含む場合には、活性炭表面が分解触媒として働き腐
食性を生じることがあります。


ガス除害装置吸着剤、乾式除害装置、特殊材料ガス供給設備、ガス検知警報設備など
川口液化ケミカル株式会社までご相談下さい。
TEL 048-282-3665
FAX 048-281-3987
E-mail :info★klchem.co.jp
※★を@に変えてお知らせください。

ありがとうございます

今日の埼玉県川口市のお天気は?
 2013年4月2日 火曜日
 花粉指数 30個未満 やや多い
 ※選抜甲子園で浦和学院が決勝に駒を進めました!
 強打の敦賀気比を1点に抑え込んだ浦和学院の2年生左腕・小島が一回2死から中軸に
 連打を浴び、4試合目の先発で初めて先制点を許したが、「内角球狙いが分かってよか
 った」と意に介さず「逆に打ち気を利用した」と、右打者への内のボール球と緩いカー
 ブを効果的に使う頭脳的投球でしのぎました。森監督の「守りに入るな」との言葉を信
 じ、最後まで貫いた強気の投球。「夢だった舞台でも、いつも通りに強気で行きたい」
 と決勝のマウンドを見据えています。

 天気 あめ
 ボンベ庫の温度 朝8℃、昼14℃、夜14℃
 本日の電力最大消費率は?
 東電90%,北陸電84%,中部電89%,関西電81%,中国電88%,四国電83%,九州電88%
 北海道電80%,東北電86%

です。

昨日までの宿題を早く終わらせる

 「明日でいいや」

 と先延ばしすれば


 今日の課題は

 大きくなって持ち越される


 それでは

 明日はマイナスからのスタート

 なんとか

 今日の一番大事なことは

 今日中にやり切る

 完結させること


 それが大変なのは

 今まで宿題を先送りした積み重ね


 流れを変えるには

 とにかく

 今日中にやり切る日々を過ごすこと


 すると

 ある日から

 本当の今日だけ生きられる

(小田真嘉氏成長のヒントブログより) 

 by との

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.