シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

液化ガス貯槽の爆発

2011年12月24日 20:52

 お正月休みを迎える前に、長期にわたり高圧ガス設備を休止することが
事故につながった例をご紹介いたします。

平成4年8月末、北海道石狩にある食品工場の液化窒素貯槽が内圧の上昇し
たことにより破裂事故を起こし、半径350mにあった工場の窓ガラスが割れ
破裂した貯槽の破片が飛散しました。

液化窒素貯槽は7000m3タイプのもので定期検査も行っていましたが、消費
事業所に対して圧力の上昇に関し注意が促され「使用しないときの圧力上昇
に関し注意をする」ことの指導がなされておりました。
 しかし、結果的には約2ヶ月間の間貯槽内のガスを使用しない状態を放置し
内圧が約7MPaまで上昇させてしまい、貯槽の破壊に耐えうる設計圧力7MPa
を超えたため真空二重槽の液化窒素貯槽が内部圧力の異常な上昇により破裂
したのです。

直接の原因は圧力上昇だけではありません。貯槽には内圧を下げるための安
全対策がなされていましたが、圧力を下げる安全弁(放出弁・リリーフ弁)を働
かせるためのバルブが人為的に閉止し閉められており、バネ式および破裂式
2種類の安全弁が動作しなかったのです。

高圧ガスの液化ガス貯槽は厳しい基準により管理さえしっかりしていれば破
裂するものではありません。一番大切なことは日常点検など管理を徹底して
圧力が異常に上昇しているときにはブローなど適切な圧力を戻すための適切
な措置を講ずることが大切なのです。その上で各種バルブ(安全弁や破裂弁
などの元弁など)の機能を理解し、実務担当者が的確に操作することです。

貯槽よりも小さな任意に製作した配管系や可搬型液化窒素容器(LGC or セルファー
)などのものには安全弁が設けられていないものがあります。その場合には
更にこまめに安全を管理し、各種フローの意味を把握できていなければ圧力
上昇による破裂事故などを防ぐことができません。


貯槽にしろ小規模設備にせよ、定期的な安全確認とガス設備を的確に把握する
ことが大切なのは変わりがありません。

長期のお正月休みを前に、安全管理につき実務担当者の方にはくれぐれも注意
をしていただけますようよろしくお願い致します。


液化窒素貯槽のご相談、LGCや小型容器等の小規模液体窒素設備の検討・施工
管理のご相談なども含め、川口液化ケミカル株式会社までご連絡ください。
TEL 048-282-3665
FAX 048-281-3987
E-mail :CutHere_info@klchem.co.jp
※アドレス先頭のCutHereはスパム対策です。

ありがとうございます

今日の埼玉県さいたま市のお天気は?
 2011年12月24日 土曜日 クリスマスイブ
 ※オホーツク海の発達した低気圧の影響で、北日本から西日本にかけての日本海側
  で降雪が強まるようです。25日午後6時までの24時間降雪量は多いところで、北陸
  で80センチ、北日本、関東甲信、近畿、中国60センチになる恐れがあり、東海、
  九州、四国でも雪が降るようです。

 天気 はれ
 気温 1℃(PM9:00)
です。


北極流今日の開運メッセージブログより


はっきり言ってしまえば、

「原発」「年金」「環境」「靖国」などの問題について、

100%オリジナル(独創的)な意見が言える人なんて、

どこにもいません。


有名な大学教授や、ノーベル賞を受賞するような学者ですら、

90%は他人の意見や研究を土台にし、

そこに10%の自分の意見を付け加えているに過ぎません。


受験生の中には、「オレはオレのやり方でやる!」と言って、

オレ流で突っ走ろうとする人もいますが、

それでは頭打ちになり、スキーマ脳はめざめにくくなります。

 (中略)

優れた解答を"盗む(=まねる)"ことは、

受験勉強のディフィニション(仕上げ)として最適です。


受験にはさっさと合格して、その後、ぜひ、創意工夫の人生を歩んでください。


~「一発合格勉強法(中経出版)」より~


「オリジナリティ(独創性)」を作っていくために必要なことは、

まずは「コピー(模倣)」すること。


盗んで、真似て、模倣をして、

その後に自身の独自性を作り上げていくのです。

 by との

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.