シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

アンモニアガスのベーパーライザーによる消費

2011年6月20日 20:45

 アンモニアガスを多量に消費する場合には気化器(ベーパーライザー)を使用して、液化アンモニアを
気化させる必要があります。加熱する方法には温水、蒸気、その他の熱媒体などがあり
ますが、通常は温水または蒸気が使用されます。尚、蒸気を使用する場合、温水が40℃
を越える可能性のある場合には安全弁や圧力、温度を調整する自動制御装置を設置しな
ければなりません。

 このときの気化器の型式には、蛇管式、多管式、二重管式、ジャケット式などがあります。
設計条件は常用圧力の最高値以上とし、アンモニア側の設計計算式及び構造は熱源側に関して
も基準に準じたものにする必要があります。材料は、JIS G 3103 , JIS G 3106 又はこれ
以上のものを使用し、銅および銅合金、配管用炭素鋼管SGP および鋳鉄 FC を使用して
はいいけません。蒸発器の構造は、溶接組み立てなど、エキスパンダ、ボルト締めを原則
とし付属品の組み立て、ノズルの取り付けなどにはねじ込みを使用しても構いません。
構造は JIS B 8270 圧力容器(基盤規格)を準用します。溶接工作はJIS B 8270圧力容器
基盤規格を準用し、溶接士はJIS Z 8270 溶接技術検定における試験方法及び判定基準に規
定された検定試験に合格した者、またはこれと同等の資格を有することとします。応力除
去は原則として炉内で行い、炭素鋼溶接部の内部応力除去はJIS Z 3700 炉内加熱による後
熱処理方法により行います。溶接部の放射線検査はJIS B 8270 に準じ、耐圧試験は常用圧
力の1.5倍以上とし、気密試験は常用圧力以上とし、空気又は窒素などの不活性ガスを用い
発泡検査を行います。完成されたものについては外観検査の他、溶接部は割れ、アンダー
カット、オーバーラップ、クレーター、スラグの巻き込み、ブローホールなど有害なもの
は有ってはなりません。
 付属品としてベーパーライザーには、発生能力、伝熱面積、設計圧力、耐圧試験圧力、製作年
月日、製作会社名又は記号を表示します。安全装置として安全弁を気層部に取り付け、設
定圧力はベーパーライザーの許容圧力の1.1倍以下の圧力で、吹き始め圧力は設定圧力以下
とし、有効吹出面積は安全弁の構造及び強度を示す吹出部有効面積以上であることとしま
す。安全弁の所要吹出し量はベーパーライザーの発生能力とします。安全弁と本体との間
に閉止弁を取り付け、その閉止弁は安全弁を修理するとき以外は閉止してはいけません。
また、安全弁は密閉構造とし放出管は除害のための設備に接続します。蒸気または蒸気を
発生する熱媒加熱の場合には、蒸気側にも安全弁又はこれに変わる装置を取付けます。ただ
し、蒸気供給側に安全弁または安全装置が取り付けてある場合にはその限りではありません。
ベーパーライザーには規定の液面以上に液が達しないような措置を講じます。計器類の圧力
計は規定に従い、必要に応じて温度計、液面計を取り付け、ガラスゲージを使用する場合に
も規定に従います。


アンモニアガス供給設備、アンモニアガス用シリンダーキャビネット、アンモニアガス配管工事など
川口液化ケミカル株式会社までどうぞご相談下さい。
TEL 048-282-3665
FAX 048-281-3987
E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます

今日の埼玉県川口市のお天気は?
 2011年6月20日 月曜日
 ※埼玉県川口市は20日、子供の放射線の年間被ばく限度を1.64ミリシーベルトとする
  独自の暫定規制値を発表しました。国際放射線防護委員会が示す人工被ばくの
  年間限度1ミリシーベルトに、大地からの国内平均値0.34ミリシーベルトと宇宙からの平均値
  0.30ミリシーベルトを加えた値となり自治体では全国初とみられます。

  
 天気 はれ
 気温 朝25℃、昼26℃、夜27℃

です。

無一物中無尽蔵

(唐宋八木家 一人蘇東坡)


「真っ白な練り絹に何も描かないところに最高の真理がある。
 もしや赤や青の色をつけると、第二義的なもに成り下がってしまうだけだ。
 真っ白で無一物だからこそ、花や月や楼台など、どんなものでも無尽蔵に
 描き表すことができる」


 by との

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.