シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

腐食系ガスのバルブなど

2011年5月 5日 18:18

 腐食系ガスのボンベとの接続部は、容器交換などの際に水分や酸素分
ホコリ等のゴミが入りやすく腐食が進みやすい部分です。

ボンベ口金から連結管を介し元バルブとして開閉させるネックバルブな
どは、もっとも消耗の激しい交換が必要になりがちなバブルです。

塩素バルブ4.JPG
新品SUS316製 ボンベ集合装置の連結管+ネックバルブ

ガスの流れをバルブで閉止しても流れが遮断できなかったり、ハンドル
の動きが硬かったり渋かったりする場合にはバルブのシート部や回転軸
部分が損傷を受けている可能性があります。

また、ボンベ交換の際にパージなどが不十分でないため雰囲気に腐食系
ガスが漏洩しバルブ本体の外面が腐食したりすることもあります。

塩素バルブ.JPG
集合装置SUS316製ネックバルブ外面が腐食し変色した外観


外観はそれ程でなくとも実際の腐食系ガスにより接ガス部(配管内部)が
腐食し、金属表面や母材自体の組成が変化してしまい、外部に漏れてしま
うことこそが最も危険です。

塩素バルブ1.JPG
Cl2ガスによりネックバルブ接続継手部の変色した様子

塩素バルブ2.JPG 塩素バルブ3.JPG
ボンベ連結管部 袋ナット

定期的な気密検査やリークディテクターなどで腐食から漏れに繋がる可能性を予め
予測することが出来れば良いのですが、配管内部がどれほど浸食されてい
るかを判断することは難しいものです。

塩素フランジ1.JPG
JISフランジ部の腐食の様子

塩素フランジ2.JPG
フランジとパイプの溶接ビード部に発生している腐食の様子


配管内の負傷が進まないようパージを徹底するなどきめ細かな管理をする
方法で腐食を発生させない考え方や、定期的に複数年ごとに配管を含め全
て施工し直してしまう方法もあります。


腐食系ガスの管理には、細心の注意を測り事故を未然に防ぐようにしましょう!


特殊ガスのご用命、特殊ガス機器の選定、特殊ガス配管工事のご相談等
川口液化ケミカル株式会社までご連絡ください。
TEL 048-282-3665
FAX 048-281-3987
E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます

今日のさいたま市のお天気は?
 2011年5月5日 木曜日
 天気 くもり
 気温 14℃

です。


「できることを確実に着実に誠実に」


 今必要なのは、生きる力

 生きる力とは、はい上がる力


 はい上がる力とは

 今できることをちゃんとやる力


 力は鍛えれば、誰でもついていくが

 使わなければ、どんどん衰えていく

 できることすら、できなくなっていく


 できることをやっていたら

 できないこともできるようになる

( 小田真嘉氏 成長のヒントブログより )

 by との

このページのトップへ

次の記事:現場溶接配管工事
前の記事:CE設置上の法規制
ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.