シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

CE設置上の法規制

2011年5月 4日 14:22

 大型の高圧ガスタンク(貯槽)は、高圧ガス保安法の定めにより
細かく規定された項目を遵守し、定期的な検査を含め日常的な保安
の確保に努めなかればなりません。

それでは、これからCE(コールドエバポレーター)などの貯槽を設置する場
合の法規に定められた項目を見ていきましょう。

1、施設の設置について
   高圧ガスタンク(貯槽)や関連するガス設備の設置には、施設
  の処理能力や貯蔵能力に応じて、第一製造者または第一種貯蔵所
  としては都道府県知事の許可を受けなければなりません。また、
  第二種製造者または第二貯蔵所としては都道府県知事に届出をし
  なければなりません。

2、施設の完成検査
   施設の工事が完成したときには、都道府県知事や高圧ガス保安
  教会または指定完成検査機関が行う完成検査を受験して合格しな
  ければなりません。

3、保安監督者などの選任
   高圧ガスの取扱いにつき責任者を定め、高圧ガス貯槽の管理や
  保安の任に当たらせなければなりません。

4、危害予防規定
   危害予防規定を定め、都道府県知事に届けなければなりません。

5、保安教育計画
   高圧ガスの使用に関する保安教育計画を定め、忠実に実行するこ
  とが必要です。

6、保安検査
   定期的に都道府県知事や高圧ガス保安協会 KHK 、指定保安検査
  機関の行う保安検査を受けなければなりません。

7、定期自主検査
   定期的(1年1回以上)の保安のための自主検査を行い、その検査
  記録を作成し保存しなければなりません。

以上のほか設備に関して細かな規定が一般高圧ガス保安規則関係基準など
に明記してあります。


高圧ガス保安法に従い、安全に高圧ガスを使用しましょう。
高圧ガスのご依頼、高圧ガス機器のご相談、高圧ガス現地配管工事
特殊ガス配管工事の設計、製作、施工など
川口液化ケミカル株式会社までご連絡下さい。
TEL 048-282-3665
FAX 048-281-3987
E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます

今日のさいたま市のお天気は?
 2011年5月4日 水曜日
 天気 はれ
 気温 23℃(PM2:00)

です。


当たり前でない毎日を、大切に、一生懸命に生き切りましょう!

一日一生

悔いの無い毎日を!


by との

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.