シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

液化炭酸ガスボンベの消費方法

2011年4月23日 00:10

 液化炭酸ガスは、他のガスと物性が異なるため消費量によって注意が必要です。
炭酸ガスをボンベで消費する場合には、次の方法があります。

・気体で取り出し、減圧して所定の圧力で使用する。
・液体で取り出し、冷却しに使用する。
・液体で取り出し、気化器を使用して気体にし、所定の圧力で使用する。

先ず、液化炭酸ガスボンベから気体で使用する場合に次のポイントに注意しましょう。

1、自然状態では1本の容器により連続的に、ボンベの残量がなくなる最後まで使用
  できる流量は、外気温にもよりますが 1kg ~ 2kg /hr 程度です。
2、容器自体を温めた場合(15℃に保持)は、1本の容器により連続的に流した場合
  最後まで使用できる流量は 10kg /hr 程度です。
3、所定の圧力で一定流量を得るためには、2kg / hr ほどの少量jの場合には、加温装置
  付き(ヒーター付き)減圧弁を使用し、10kg / hr 以上使用する場合には集合装置と加温
  装置付き減圧弁を使用します。
  ※この場合、誤ってサイフォン管付き容器(液取り専用容器)に減圧弁を取付けて使用
   すると、減圧弁に液体が流れることになり動作不良を起こし、低圧側に高圧が
   掛かる危険性があります。サイフォン管付きボンベに減圧弁を取り付けしないよう
   十分な注意をしてください。


次に、液化炭酸ガスボンベから液体で使用する場合を見てみましょう。

1、容器から液体で取り出す場合には、サイフォン管付継目なし容器を使用します。
2、容器内の圧力は、ほとんど変化がなく、従って所定の圧力で一定流量が得られ易く
  連続消費する場合に適しています。
3、気体で使用する際にも、サイフォン管式容器から液体を取り出し気化器を使用すると
  容器が凍結することなく使用できます。

いずれの場合も、容器の中の圧力が 0.417 MPa 以下になると液化炭酸ガスがドライ
アイスとなり、閉塞を起こすので注意して操作を行ってください。

炭酸ガス、液化炭酸ガス、ドライアイスのご相談ご購入の件なら
川口液化ケミカル株式会社までご連絡下さい。
TEL 048-282-3665
FAX 048-281-3987
E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます

今日のさいたま市のお天気は?
 2011年4月23日 土曜日
 天気 くもり
です。

 現在の仲間とどんなかかわり方をしているかが

 未来のどんな人と一緒にいるのかを映し出している


 一緒にいて、自分も、相手も


 どれだけ心が明るく、温かく、軽くなっているか

 どれだけ気づきが得られ、成長できているか

 どれだけ小さいプライドや見栄や心のゴミ捨てられたか

 どれだけ何か(誰か)のために損することができたか


 これらをみれば

 未来の相手があらわれる

 (小田真嘉氏 成長のヒントブログより)

 by との

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.