シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

液体窒素、液体酸素、液体アルゴンの使用抑制のお願い

2011年3月15日 18:43

 液体窒素、液体酸素、液体アルゴンは空気から分離して生産されております。
生産過程で大きな電動ポンプを使用しなければ液化ガスを造ることができませ
ん。

そこで、某メーカーさんより生産計画がままならない電力事情により液化ガスの
使用量をお客様に調整していただけるようお願いのお知らせが参っております。

お客さま 各位

東北地方太平洋沖地震に伴う液製品のご使用量抑制のお願い

 この度の未曾有の大震災により被災された方々に、心よりお見舞い申し上げますとともに、皆さまの安全と被災地の一日も早い復興を心よりご祈念いたします。
 さて、この度の震災により電力供給事情が厳しさを増すなかで、東京電力殿から
示された輪番計画停電の事態はご承知のことと思います。
 弊社における主製品であります液化酸素、液化窒素、液化アルゴンの生産において受電は必須のもので、この計画停電は多大な影響を受けるものであり、弊社生産工場にとっては、生産計画すら立たない事態となります。その結果として場合によっては、製品の供給に支障をきたす可能性も考えられます。
 現状、東北地区にある弊社関連の6工場は、震災による損害や停電の影響で依然、生産の目処は立っておらず、関東地区7工場においても震災後の停電の影響もあり、一部の工場のみで何とか稼働を継続している状況であります。
 また、ここにきて液化製品を運ぶローリー車の燃料も調達制限を受けている状況でもあり、需給逼迫はさらに強まっております。
 今回の計画停電の報を受けて、貴社におかれましても通常の操業維持は厳しいものかと存じます。弊社におていも人命に関するものを最優先とし今後の需給に関して最大限の努力を行ってまいる所存です。
 貴社におかれましても、こうした環境をご理解いただき当該液化製品の使用量抑制を切にお願いする次第でございます。
 このような状況下において、皆さまのご協力を賜る中で、被災者の方々の支援を行いつつ、この難局を乗り切りたいと考えておりますので、何卒実情をご賢察の上一層のご高配を賜りますようお願い申し上げます。

                                 以上

今後の電力事情により高圧ガスの供給にも大きな影響を与えそうです。

高圧ガスに関するご質問、お問い合わせなど
川口液化ケミカル株式会社までご連絡下さい。
TEL 048-282-3665
FAX 048-281-3987
E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます

今日の埼玉川口のお天気は?
 2011年3月15日 火曜日
 天気 はれ
 ボンベ庫の温度 朝12℃、昼12℃、夜13℃

です。


哀しいときも

苦しいときも


朝になれば太陽は昇ってくる。

何を信じていても

どんなことをしていても


朝になれば太陽は昇る。

太陽はなくならない。

世界のすべての土地で

世界のすべての人に

太陽は平等に光を照らす。

国がどうで

宗教がどうで

思想がどうであっても


太陽の下で平等でないものはない。


いつかあなたの心に、太陽が昇る。

< 北極流今日の開運ブログより >

 by との

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.