シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

シース熱伝対

2011年3月 9日 19:56

ガス設備の温度を測定するセンサーとして最もポピュラーなシース熱伝対の
ご紹介です。

熱伝対には K , E , J , T , R 種があり、外径 φD寸 も 0.25,0.3,0.5,1.0,1.6,2.3,3.2,4.8,6.4,8.0
などがあります。更には、則温接点 U , G , E 、補償導線 GHS,GH,PSL,PL が選択可能です。

熱伝対1.jpg
シース熱伝対

シース熱伝対の温度範囲許容差は? (JIS 1605-1995)

種類  クラス1 

SN   -40℃~+375℃ ±1.5℃
     375℃~1000℃ ±0.004・/ t /

SK   -40℃~+375℃ ±1.5℃
     375℃~1000℃ ±0.004・/ t /

SE   -40℃~+375℃ ±1.5℃
     375℃~800℃ ±0.004・/ t /

SJ   -40℃~+375℃ ±1.5℃
     375℃~750℃ ±0.004・/ t /

ST   -40℃~+125℃ ±0.5℃
     125℃~350℃ ±0.004℃・/ t /


貴金属熱伝対の温度許容差は? (JIS 1602-1995)

種類
B    クラス3 600℃~800℃ ±4℃
          800℃~1700℃ ±0.005・/ t /

R,S   クラス2 0℃~+600℃ ±1.5℃
          600℃~1600℃ ±0.0025℃・/ t /


熱伝対3.jpg
熱伝対規格表


補償導線

種類

GHS  ガラス絶縁・ガラス外被・SUSシールド
GH   ガラス絶縁・ガラス被服
PSL  ビニール絶縁・ビニール外被


端末仕様

・圧着端子なし
・Y型圧着端子
・コネクタ(3M・3F) K クロメル-アルメル / T 銅-コンスタンタン / J 銅-コンスタンタン
・HMコネクタ
・ピン端子(ギボシ)φ4 , φ5

熱伝対2.jpg 熱伝対4.jpg
補償導線・端末仕様      オプションパーツ・中継ケーブル

オプションパーツ

可動締付ねじ

・小 シース外径 φ1.0~φ4.8
・大 シース外径 φ6.0~φ8.0

中継ケーブル

・HM オメガコネクタ 変換中継ケーブル
・10対用中継ケーブル(被覆材質シリコン:外径約11mm)

以上の条件、仕様よりお選びください。


シース熱伝対(則温抵抗体)のご用命、ご相談のことなら
川口液化ケミカル株式会社までご連絡下さい。
TEL 048-282-3665
FAX 048-281-3987
E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます

今日の埼玉県川口市のお天気は?
 2011年3月9日 水曜日 
 天気 はれ
 ボンベ庫の温度 朝5℃、昼10℃、夜10℃

です。

人間というのは、経験を積むにしたがって、だんだんとリスクの
大さに気づき冒険を避けて同じような道筋を好むようになる。

家族や地位や名声や収入など、守るべきものが増えてくると
若い頃のようなチャレンジ精神や知的好奇心は失われ
リスクを取るのを厭うようになるというパラドックスを抱え
停滞が始まる。

リスクを取ることを回避して昔の元気な頃に戻ろうとしても
それは難しい。リスクにきちんと正面から向き合い、リスクに
伴う恐怖や不安に打ち克つことが、永続的にリスクを取り続ける
王道だと、私は思っている。
(羽生善治氏 角川書店 大局観より)

 by との

このページのトップへ

次の記事:LN2大型バルブ
ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.