シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

特殊材料ガス消費施設の自主点検・検査

2011年1月30日 13:39

 高圧ガス保安法では、特殊高圧ガスを含む特殊材料ガスについて
毒性、可燃性、反応性の危険性があるため、特殊材料ガスを消費す
る装置や配管等を不活性ガスで置換したり、真空引きしたりする作
業が必要としています。

操作や手順も日常の作業に多くの労力が割かれるため、消費施設の
保安管理にまで目が行き届かないことがあり得ます。

次にご紹介するガイドラインは、保安の確保を目的とし、特殊材料
ガス消費施設の自主的な日常点検定期点検の具体的な作業を実施す
るために参考としていただければ幸いです。


 定期点検は「定期点検に関する規定類」を作成し実施します。
日常点検についても、安全管理基準に「日常点検に関する規定類」
(点検体制・点検計画・点検結果)を定め実施します。これらの
点検記録は、設備及び機器ごとに整理し、責任者を定めて一定期間
保存することとしています。

1)日常点検
 消費施設の異常の有無を点検するほか、1日1回以上消費施設の作動
状況について点検します。

①点検内容
・貯蔵している充填容器などからのガス漏れ並びに容器置場の保安設
 備の作動状況を点検する。
・消費設備及び施設の異常の有無並びに作動状況を点検する。

②頻度
・消費設備の使用開始及び終了時に行います。
・消費設備の作動状況について1日に1回以上点検します。
・特定高圧ガスの種類及び消費設備の様態に応じて消費設備の作動状況
 についても点検します。
・使用を中止し、ガスを消費していない設備についても、点検の必要が
 あるものは、日常点検を実施します。

③点検項目及び記録
・容器及び容器置場の点検は、点検項目を定め、点検結果を記録し保存
 します。
・消費設備及び施設の点検は、ガスの性状及び設備の様態に応じた点検
 表を定め、点検結果を記録し保存します。

2)定期点検
 消費設備及び設備の稼働状態、及び設備の起動や停止時の状態を点検し
ます。また、設備の改善、修理時は非定常時点検、ガス漏洩時、地震など
の災害時の臨の点検は、臨時点検で行います。

①点検内容
 日常点検より詳細な点検、あるいは日常点検では出来ないものの点検。

②頻度
 1ヵ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月などの定期、日常点検より期間が長いもの。

③点検項目及び記録
・容器及び容器置場の点検は、検査対象設備、項目を定め、点検結果は設備
 保安台帳に記録して保存します。
・消費設備及び施設の点検は、ガスの性状、使用方法などを考慮して、検査
 対象設備、検査項目を定め、検査結果は設備保安台帳に記録し保存します。

3)定期検査
 特殊材料ガスを消費する事業所は、「特殊材料ガス等取扱指針」による検査
を行います。

①検査内容
・定期点検と同等あるいはより精密な検査を行います。
・設備を停止させて、校正、あるいは分解検査する等が該当します。

②頻度
 1年に1回以上とします。

③検査項目及び記録
・容器及び容器置場の検査は、検査対象設備、検査項目を定め、検査結果は
 設備保安台帳に記録して保存します。
・消費設備及び施設の検査は、ガスの性状、使用方法などを考慮し、検査対象
 設備、検査項目を定め、検査結果は設備保安台帳に記録し保存します。

4)定期自主検査
 特殊高圧ガスを消費する特定高圧ガス消費設備事業所は、保安法第三十五条
の二に基づき、定期自主検査を行います。

①検査内容
 一般則第五十五条第一項に定められた技術上の基準に適合していることを
取扱主任者に監督させ確認します。

②頻度
 1年に1回以上行います。

③検査項目及び記録
 前項の技術上の基準への適合結果を記録し保存します。


以上。

特殊材料ガスに関する供給設備、除害設備、現地配管工事に関することなら
川口液化ケミカル株式会社までご連絡ください。
TEL 048-282-3665
E-Mail:CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます

今日の埼玉県川口市のお天気は?
 2011年1月30日 日曜日
 天気 はれ
 ボンベ庫の温度 昼4℃
です。


昨日のサッカーアジアカップ優勝決定戦をご覧になられましたか?

日本にとっては激戦でした。
長身で、身体能力の高いオーストラリアチームに終始攻め込まれ
ゴール寸前のところで凌いだり、キーパーのスーパーセーブにより
前後半戦を0-0で折り返しました。

延長戦に入ると、日本チーム監督のザッケローニ氏は、思い切って
ディフェンスのシステムを変更したことでパスの通りが良くなると
最前線のFWの選手を交代。
延長後半オーストラリア選手の足が止まりだした一瞬のスキを突いて
超人的な持久力を持つ長友選手のセンターリングを、李忠成選手が
見事なボレーシュートで豪快にけり込み、これが決勝点となり日本
チームの優勝が決定しました。

今大会MVPになった本田圭佑選手のコメント
「今までの大会以上にこの優勝は価値のあるものではないかと思います」
「カタールを倒したし、韓国を倒してオーストラリアを倒して優勝する。
 この価値というのは、今までのアジアカップにはなかったんじゃない
 かなと思います」

見ている人を熱くさせる、感動させる、日本代表チームに最高の賞賛を!

おめでとうございます。

 by との

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.