シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

アンモニアの合成

2011年1月18日 23:20

 アンモニアNH3からは硝酸アンモニウムなど NH4NO3 などの窒素肥料を作れます。
爆薬の成分である硝酸カリウム KNO3 を作るときにも使われます。
 かつては19世紀まで NH3の原料は南米ペルーのグアノやチリにあるチリ
硝石(硝酸ナトリウム)でした。ヨーロッパではこれらを輸入して NH3 を作っ
ていたのです。人口の増加に伴い食料の増産が求められられるとともに、
工事現場では火薬の使用量も増えたためNH3の需要が高まりました。そこで
注目されたのが空気中の窒素 N2 なのです。もしも N2 と H2 を反応させて
NH3 を作る技術が開発されれば資源は無尽蔵ですし、不安定な輸入に頼る
ことも無く済む訳です。

 できるだけたくさんの NH3 を作るためル・シャトリエは化学平衡を研究
し、平衡は加えられた影響を和らげる方向に移動するル・シャトリエの法則
を発見しました。例えば N2 + H2 ⇔ 2NH3 が平衡状態のとき、N2やH2を追
加したとすると、N2 や H2 が増えたことでそれを和らげる方向の N2 や H2
を少なくする方向で NH3 が増える方向に作用します。また、NH3を取り除く
ことによっても、N2とH2の原料を減らす方向で反応を進めることができます。
NH3を取り除くと、NH3を増やす方向に反応が進むわけです。

 空気からNH3を作る反応の工業化に成功したのは。ドイツのハーバーとボッ
シュです。NH3合成には低温高圧が有利ですが、あまり温度を低くしすぎる
と反応が遅くなり経済的ではないため、500~600℃の高温で圧力を200気圧
まで上昇させ、鉄アルミニウム触媒を用いてNH3を合成しました。
※ル・シャトリエはN2とH2を混合状態で100気圧まで加圧して電気火花を飛ばす実験
 を行い大爆発事故を起こしています。これは混合気体に酸素が混ざってい
たからだと言われております。

NH3ガスのご用意、Nh3ガス用バルブ・調整器・流量計、NH3ガス配管工事まで
川口液化ケミカル株式会社へご連絡ください。
TEL 048-282-3665
E-Mail:CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます

今日の埼玉川口のお天気は?
 2011年1月18日 火曜日
 天気 はれ
 ボンベ庫の温度 朝0℃、昼4℃、夜5℃

です。

思い悩む高杉晋作は、ある日、吉田松陰に問うています。

「僕はどう生きればいいのでしょか?
 死にはどんな意味があるのでしょ?」

いかに武士は死ぬべきか、高杉晋作は吉田松陰に尋ねました。
松蔭は答えます。

「それをどのように答えたら良いのか?
 私には解らない。」


松蔭にも解らなかったのです。

その答えを、松蔭も探し求め続けました。
でも、ついに、解るときがきたのです。
牢のなかで死を目前に控えた松蔭は
「死の一字について発見するところがあった」
と高杉晋作に一通の手紙を渡します。

その一通の手紙が、晋作を歴史の舞台に上げることになります。

「死は好むべきにも非ず、亦悪夢べきにも非ず。
 道盡き心安んずる、便ち是死所。
 世に身生きて必死する者あり。
 身亡びて魂存する者あり。
 必死すれば生くるも盃なし、魂存すれば亡ぶるも損なきなり。

 (中略)

 死して不朽の見込みあらばいつでも死ぬべし。
 生きて大業の見込みあらばいつでも生くべし。」
(吉田松陰 安政六年七月中旬「高杉晋作あて書翰より)

これが吉田松陰、死の3ヶ月前に至った境地です。
松蔭のこの手紙が、晋作の革命児へのスイッチを入れた。

「志がなければ生きていても、死んでいるのと同じだろ?」
生きるも死ぬも、そんなことはどちらでもいい。
大切なのはその志をやり遂げることだと。
(ひすいこたろう著 名言セラピー幕末スペシャルより)

 by との

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.