シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

極低温の断熱方法

2010年12月23日 18:20

液化ガスの断熱方法をご紹介いたします。

先ず、液体窒素や液化炭酸ガスなど液化ガスの断熱材として必要なことは
熱の絶縁性が良いことで、熱伝導率が小さいものであることです。他にも
耐熱性や強度、非透過性など状況の応じて最も有効な方法を選ぶ必要があ
ります。

断熱材料としては、通常、大量の空気と少量の固体物質の組み合わさった
素材になります。断熱効果に大きな影響を及ぼすのが気体の熱伝導です。
これに次いで気体の輻射、対流などですが、固体物質自体はそれほど大き
くないかもしれません。

断熱の歴史からすると、初期の段階はすべて天然の産物で石綿、珪藻土や
コルク、牛毛フェルトなどが使われたようです。その後、人工のガラス綿
に次ぎ多泡プラスチック断熱材などになり、断熱構造も空気断熱、大分子
断熱、真空断熱へと発展しました。


参考まで各種断熱材の熱伝導率を見てみましょう。

品名      熱伝導率 kcal / mh℃ (-150℃)
石綿(綿状)    0.101
珪藻土(粒状)   0.188
コルク(約3mm)   0.014
パーライト       0.013
多泡ガラス      0.053
サントセル        0.012
ガラス綿       0.013
フォームポリスチレン     0.014
硬質ウレタンフォーム    0.020


パーライトとはなんでしょう?

 真珠岩、岩燿岩のような火成岩を適当な粒度に粉砕して約1000℃に
急速加熱で焼成し、結晶水の蒸発により膨張させた内部に気密性小気泡
を持ち、中空球状の極めて軽い無機硝子質の粒状物質で、真比重2.29
見掛け比重0.02~0.06 程度です。半透明の白色又は灰色で、化学成分
はSiO2 75% + Al2O3 15% から成ります。断熱材としては性能が良い
とはいえませんが、安価であり施行方法が容易なことから貯槽などの
断熱材に利用されてきました。

液体窒素用の低温機器、極低温実験装置など
川口液化ケミカル株式会社までどうぞご相談ください。
TEL 050-8111-7393
E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp


ありがとうございます

今日のさいたま市のお天気は?
 2010年12月23日天皇誕生日 木曜日
 天気 はれ
 気温 10℃ (PM7:00)
です。


「すべて宇宙の一切は、顕幽一致、善悪一如にして
 絶対の善もなければ、絶対の悪もない。
 従ってまた、絶対の極楽もなければ、絶対の苦艱もないといってよいくらいだ。」
(出口王任三郎著 より)

 by との

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.