シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

液化水素の製造

2010年6月27日 19:50

水素ガスを-253℃まで冷やすと、液体水素が発生します。

ですが、液体水素は融点が極めて低いので、ヘリウム以外の
不純物はすべて固体になってしまいます。そのため液化する前
に極限まで水素ガスを精製してからスタートします。

先ず、液体窒素の-196℃で冷却し、高圧状態から断熱膨張作用
により更に冷やされると一部が液化水素になり始めます。液化しな
かった低温の水素ガスは再度加圧→LN2冷却→膨張冷却させて
液化水素に変化させていきます。

こうして液化された液化水素ですが、もとの水素ガスを100とすると
液化水素は65ほどまでしか作れません。残りの35は、純度を上げ
る工程と、常温大気圧の水素ガスを-253℃まで冷やすためのエネ
ルギーに使われてしまうのです。効率よく省エネルギーで液化する
プロセスが求められています。

また、液化水素を保存するにしても、液温-253℃に対し、外気温の
+20℃はかなりの高温になりますし、真空断熱などしていても内槽と
外槽の接触部から熱伝導などがどうしてもありますので時間の経過
と共に蒸発ガス進んでしまう「ボイルオフ」という現象が避けられませ
ん。これも液化プロセスと同様に時術開発の進歩が待たれています。


自動車などで水素の利用が実用化されると、水素をより多く、より軽く
貯蔵する方法が求められます。現段階では、高圧ボンベやナノチューブグ
ラファイト、メッシュメタル水素吸蔵合金、ナトリウム・アルミ水素吸蔵合金、マグネシウム
水素吸蔵合金と比較しても液体水素貯蔵法が最小になっていますの
で、将来が期待されています。


水素ガス、高純度水素ガス、水素ガス供給設備、水素ガス配管工事など
川口液化ケミカル株式会社まで、どうぞご相談ください。
TEL 050-8881-7393
E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます

今日の埼玉県のお天気は?
 6月27日 土曜日
 天気 はれ
 気温 28℃(PM8:30)
 
です。

今の稲作は、たくさんのさまざまな除草剤のおかげで
高齢の農家の方でも収穫までほとんど手が掛からないで済んでいるそうです。

田んぼにちょっとでも雑草が生えていると、収穫率が下がったり
コンバインなどの農機具が故障するので
もっと強い、もっと楽に雑草駆除できる薬が投入されています。

今の現役の農機具メーカーの人は
昔ながらの田植えから1ヶ月間ず~っと草取りが必要な
雑草だらけの田んぼを見たことがないそうです。

そもそも、雑草の生える田んぼを管理する余力は、
おじいさん、おばあさんの農家の人には絶対無理なのだそうです。

 by との

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.