シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

「酸素」の名付け親

2010年4月22日 21:21

 「 酸素:Oxygen 」というガス名の名付け親は、アントワーヌ・ラボアジェ
です。ちなみに「酸素」の語源は、「酸を作るもの」という意味のギリシャ語
が元になっています。

 1786年ラボアジェは、「フロギストン」というものは存在しないことを発表
しました。フロギストンとは、18世紀の化学者らが燃えているものは空気中
から何かを取り込むのではなく、何かを放出していると考え、その放出され
る目に見えないものをそう呼んだのです。

この時代には、多くの化学者は水素が燃えるとフロギストンを出すと信じ、
水素が水とフロギストンから出来ていると考えられていました。しかし、ラ
ボアジェは水が元素などではなく、酸素と水素の化合物だと考えます。する
と火の謎を解き明かし、酸素と他の物質が結び付いて火が燃えることを解
明したのです。炭が燃えるのは、空気中の酸素が取り込まれて炭素と結合し、
その化合物である二酸化炭素だと理解したのです。
 大部分が炭素でできている木が、燃えると二酸化炭素を出して残った灰
は元の木より軽くなる。このため燃えた木から二酸化炭素が逃げ出すので、
燃焼によってフロギストンが放出される考えたのです。これを過ちだと言い
切ったラボアジェは、長い間かかっても理解が得られず火が燃えるときに酸
素が果たす役割がなかなか理解されなかったのです。

 酸素を見出したラボアジェは、18世紀まで信じられていた「土・空気・火・水」
の四元素説を否定します。それ以上単純な形にできないものを元素だと判断
すると金、銀、鉛、鉄などを元素と考えたのです。それ以降、現代に至るまで
92個の元素が発見されたのも、元素の意味を定義付けたラボアジェがスタート
になっているのです。


酸素ガス用調整器、バルブ、流量計、ガス配管まで
川口液化ケミカル株式会社へご相談下さい。
TEL 048-282-3665
E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます

今日の埼玉川口のお天気は?
 4月22日 木曜日 
 天気 曇りのち雨
 ボンベ庫の温度 朝10℃、昼8℃、夜8℃

です。

 自民党の舛添要一前厚生労働相が辞任し新党を立ち上げます。
政界再編の動きが加速するのか? 二大政党制を掲げる民主党
の地盤固めが進むのか、元に戻るのか?
揺れてますね。
 by との


 

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.