シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

日本の温室効果ガス排出量

2010年4月19日 14:53

 私たち一人ひとりの心がけと、企業の投資によって削減される温室
効果ガス。この排出量の確定削減結果が新聞にも報道されました。

環境省は2008年度の日本の温室効果ガス排出量がCO2換算で12億8200万
トンだっ たと発表しました。これは前年比で6.4%マイナスで、1990年
比では3.4%のマイナスです。京都議定書第一期約束期間での目標である
6%マイナスには単年度としては到達しませんでした。

京都議定書の目標は、2008年?2012年度の平均排出量を1990年度比で
6%の削減 です。今回確定した2008年度の排出量は、1990年比では1.6%
の増加となってしまいました。

2008年は世界的な金融危機に伴う景気後退が影響によって、産業部門を
中心に 各部門のエネルギー需要の減少しました。景気後退分として減少
したCO2排出量 は、約1億5000万トンです。さらに森林吸収分と、海外
からの排出権の購入等で 相殺し、結果的に1990年比3.4%マイナスとな
りました。トータルでのマイナス分のCO2の量は4,300万トンです。

この状況からすると2009年の数字は2008年よりとほぼ変らないか、やや
減少す ることになるでしょう。2010年以降景気が回復してくると、産業
活動の活発化によってCO2の排出量は増えることになります。2012年ま
でに平均6%マイナスに するためには、更なるCO2の排出を抑制する必要
があります。家庭に負荷をかけ る事無く、産業界や発電業界での更なる
抑制に期待します。

一人一日CO21kg削減を心がけましょう。

 by toshi_matsu

高圧ガス、超高真空機器、極低温ガスのことなら
川口液化ケミカル株式会社まで、どうぞご相談ください。
TEL 048-282-3665
E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます

今日の埼玉のお天気は?
 4月19日 月曜日
 天気 はれ
 ボンベ庫の温度 朝12℃、昼13℃、夜18℃
です。
 
 関西電力美浜原発冷却水から放射能漏れのがあったようです。
核分裂反応で生じる放射性ガスが前回4月12日の測定時より
約34倍に上昇し、放射性ヨウ素濃度は4月16日の測定より
約56倍まで上昇しており、燃料集合体の被覆管に穴が開き、
放射能が漏えいしたようです。
大事にならないと良いのですが・・・。
 by との

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.