シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

液体窒素容器

2010年3月14日 23:16

 液体窒素を入れておく容器は、低温の物性からただの容器に入れておくことは
できません。真空層または断熱層のある容器か、多孔質の断熱効率の高い容器
が必要となります。

50Lサイズまでは、汎用容器でも多く存在しますが、それ以上の液体窒素用容器
はなかなかありません。

LN2 165L容器.JPG
容量 165L 液体窒素容器

この写真の容器は、開放容器ではかなり大きなものです。後ろ手に汎用ボンベ 7m3
= 7000L = 47L容器が見えますが、比較しても大きなことを実感されると思います。
低温実験で多くの試料を低温保存する場合や、液体窒素の仮の保存容器としてご利
用いただく場合などいかがかと思います。

10Lの少量液体窒素のご用命から、20〜100Lのまとまった単位でのご用意、更には
大型容器でまとめて数百リットルの液体窒素までご用意致します。
※レンタル容器には限りがございます。必ずしもご希望日にご用意できないこともあります。


液体窒素に関することなら
川口液化ケミカル株式会社まで、どうぞご相談ください。
TEL 048-282-3665

E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます

今日の埼玉のお天気は?
 3月14日 日曜日
 天気 はれ
 気温 9℃(PM11:00)

です。
 朝からよく晴れて気持ちの良い天気でした。
この週末、天気が悪くなる予報でしたが外れたおかげで
2日間とも屋外でのレジャーなどで高速道路も渋滞したようです。
あと少しで4月です。
進学され新しい生活のはじまる学生さんから、社会人1年目になる
新人くんまで、不安と希望でいっぱいでしょうね!
さあ、がんばれ!
 by との

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.