シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

原子吸光分析装置 AAS

2009年11月14日 15:20

 古くからガスを利用する分析装置で馴染みのある原子吸光分析装置
のご紹介です。

 太陽光のスペクトルは赤から紫までの色が並ぶ連続スペクトルですが
拡大するとたくさんの暗線が見られます。これはブラウンフォーファー線と
言って太陽の上層に存在する元素や地球の大気中の酸素などにより太
陽光が吸収されて表れます。

 バラバラの原子状にした元素により光の吸収を測定する装置が原子吸
光分析装置です。原子化する部分以外は紫外可視分光光度計と似てい
ます。原子化する方法は従来より炎の中に導くフレーム原子吸光分析法
が採用され、フレーム用のガスとして空気+アセチレンもしくは亜酸化窒
素+アセチレンが利用されております。

 最近では、炎の無いフレームレス原子吸光分析法、電気加熱式原子吸
光分析法、グラファイトファーネス原子吸光分析法などがあり、これらは黒
鉛(グラファイト)で出来たチューブに試料を入れて大電流を流し、発生する
熱によって原子化するものです。

 原子吸光分析では金属のほか無機元素を検出することが出来ます。その
とき分析対象の化合物ごとに固有の光を発するランプを光源として利用しま
すので、特定の元素しか検出できません。つまり定性分析には不向きな分析
装置ですので定量分析に適しています。


原子吸光分析装置用のアセチレンガス(C2H2)、亜酸化窒素(N2O、笑気
ガス)のご用意や、C2H2,N2O用ガス配管工事、排ガスダクト工事まで
川口液化ケミカル株式会社まで、どうぞご相談下さい。
TEL 048-282-3665

E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます

今日の埼玉のお天気は?
 11月 14日 土曜日
 お天気  曇りのち雨
 気温  16℃

です。
 春のようにポカポカと暖かい日のことを「小春日和」(こはるびより)
といいます。ですが、二月や三月に暖かい日があっても、春に近いか
ら「今日は小春日和だ。」などとは言いません。
 小春とは旧暦の十月の異称で、新暦の十一月から十二月初めに頃
を言うようです。立冬を過ぎたちょうど今頃の春のような暖かい日を
「小春日和」と言うのです。
今日は肌寒い雨でしたが、明日は春のように暖かくなるでしょうかね?

このページのトップへ

次の記事:光の吸収と放出
前の記事:三塩化ホウ素 BCl3
ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.