シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

光の吸収と放出

2009年11月15日 21:21

 ナトリウムが黄色に燃えたり、銅が青緑色に見える炎色反応は学校の
化学の実験で見たことがあるかもしれません。花火やオーロラが放つ不
思議な色も原子が光を放出しているのです。
 
 原子は特有の波長の光を吸収して励起状態になる測定を観測するのが
昨日ご紹介の原子吸光法です。また、励起された原子が安定な状態に
戻るときには光を放出し、これを測定するのが発行分光法です。原子が
励起されるときに吸収する光と、戻るときに放出する光は同じ波長(エネル
ギー)なのです。

 発光を観測することで十九世紀には新元素がたくさん発見されますが
ヘリウムガスもこのときに発見されることになります。1868年8月18日
インドで起こった皆既日食の際、太陽のコロナのスペクトルを観測した科
学者が、未知の黄色い光を見付けます。この光を発する元素は、後々
ギリシャ語の holios :太陽の意 にちなんで「ヘリウム」と名付けられました。

ボンベに入ったヘリウムガスや極低温実験用の液体ヘリウムガスと
Heガス用機器、液体ヘリウム用クライオスタット、ヘリウムガス供給設備
高純度ヘリウムガス配管工事まで、川口液化ケミカル株式会社へご相談
ください。
TEL 048-282-3665

E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます

今日の埼玉のお天気は?
 11月15日 日曜日
 天気 はれ
 気温 15℃

です。
 今日は暖かかったですね。
風が吹いても冷たい感じがしませんでした。
ちなみに、この時期、北風の強風が吹く現象を
「木枯らし」といいます。
木枯らしには、定義があるそうです。
・十月半ばから11月末まで
・気圧配置は西高東低
・強い季節風が吹いた
などだそうです。
今日の陽気からすると、まだまだですかね。

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.