シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

窒素の発見 Part3

2009年11月 1日 18:02

窒素ガスはいつ世の中で発見されたのか?

 以前ご紹介しました窒素の発見 Part2に続いての窒素に関する歴史のを振り返って参りましょう。

 1772年にキャベンディッシュやラザフォード、シェーレなどが実験の
結果から窒素を発見しました。

 その後、フランスの化学者アントワール・ラヴォアジェは、酸素が木などの燃える
物と結び付く時に化学反応が起きて「火」が生まれることを発見します。「火」が元
素などではないと解ったのです。そして空気は少なくとも二つの物質を含んでいる
ので、空気が元素ではないと言い切ります。「土」「空気」「水」「木」の四元素から
出来ているとされた四元素説は、ラボアジェが「水」が水素ガスと酸素ガスからでき
ているいることを発見したことで無くなりました。

 1789年ラヴォアジェは、本当の元素は30種以上あると発表します。その中には
酸素、水素のほかに、窒素も含まれていました。ラヴォアジェは、窒素のことをギリ
シャ語で生命が存在できない物質という意味の「アゾート」と名付けます。今でもフラ
ンスでは窒素のことを「アゾート」と呼ぶそうです。

 そして窒素が空気の主な部分としてばかりでなく、1000年以上前から中国人が
実験を重ね爆竹の材料まで発展させた硝石や、他にも硝酸、アンモニアの中に含ま
れていることが解ると、現代化学に通じる大きな道が開かれ、まもなくたくさんの窒素
化合物が発見されていくことになったのです。

アントワーヌ・ラボアジェは、「窒素」を元素だと認めた最初の人なのです。


窒素ガスのご用命、ご質問、窒素ガスの使い方、窒素ガス用圧力調整器
窒素ガス用バルブ、窒素ガス用流量計、窒素ガス用配管工事まで
川口液化ケミカル株式会社へどうぞご相談下さい。
TEL 048-282-3665

E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます

今日の埼玉のお天気は?
 11月1日 日曜日
 天気 はれのち夜になって雨
 気温 23℃(PM6:30)

です。
 11月に入りました。
外気温が5〜15℃でじっとしていると寒いくらいが
最適とされるマラソンは、1年で4割が11月に行われます。
季節感を感じて「今」を楽しみましょう!

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.