川口液化ケミカルへのお問い合せは

川口液化ケミカル(株)への
お問い合わせは、WEBからか
お電話でお願いいたします。

お問合せフォーム

info@klchem.co.jp
tel:050-8881-7393

〒334-0073
埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(050)8881-7393
Fax:(048)281-3987

川口液化ウェブショップ

川口液化WEBショップへ

高圧マスフローコントローラー
シリンダーキャビネット
液体窒素 冷えてます!

« 蒸着装置 低温ステージ(試料台) | メイン | 待機電力も半分のエコジョーズ »

高圧ガスボンベの取付継手(ジョイント)

 ガスボンベの口金はガスの種類によってさまざまな形状を
採用しています。車のタイヤ(ホイール)のオフセットのように
ガス種、メーカー別、国別にそれぞれ異なります。こればかり
は、何故?ということはおいておいて適合するフィッティングを
用意するしかありません。

それでは代表的なボンベ取付継手を見てみましょう。

ガス名     化学式   日本規格(JIS)       アメリカ規格(CGA)
アセチレン   C2H2   特殊ガット          CGA510
アンモニア   NH3    W22.14山右       CGA660
アルゴン    Ar      W22.14山右       CGA580
アルシン    AsH3    W22.14山左        CGA350
三フッ化ホウ素  BF3     W22.14山左       CGA330
1.3.ブタジエン  1.3.C4H6  W22.5.14山ウィット左  CGA510
ブタン      C3H10   W22.5.14山ウィット左  CGA510
炭酸ガス    CO2     W22.14山右       CGA320
一酸化炭素  CO      W22.14山左       CGA350
塩素       Cl2     W26.14山右       CGA660
ジクロロシラン Sih2Cl2  W22.14山左       CGA678
ジボラン    B2H6    W22.14山左       CGA350
エタン      C2H6    W22.14山左       CGA350
エチレン    C2H4    W22.14山左       CGA350
酸化エチレン C2H4O   W22.14山左       CGA510
ヘリウム    He      W21.14山左       CGA580
水素       H2      W22.14山左       CGA350
塩化水素   HCl      W26.14山右       CGA330
セレン化水素 H2Se     W22.14山左       CGA660
硫化水素   H2S     W26.14山右       CGA330
イソブタン   i -C4H10  W22.5.14山左     CGA510
メタン      CH4     W22.14山左       CGA350
一酸化窒素  NO      W22.14右         CGA660
二酸化窒素  NO2     W22.14右         CGA660
窒素      N2      W22.14右         CGA580
亜酸化窒素 N2O      W22.14右(工業用)   CGA326
酸素      O2       W22.14山右       CGA540
ホスフィン  PH3      W22.14山左       CGA350
プロパン   C3H8     W22.5.14山左     CGA510
プロピレン  C3H8     W22.14山左       CGA510
シラン     SiH4     W22.14山左       CGA350
二酸化硫黄 SO2     W22.14山右       CGA660
六フッ化硫黄 SF6     W22.14山右       CGA590

※実際の継手形状は、上記と異なる場合もございます。
 都度、ご確認下さい。

特殊ガスボンベのご用命や特殊ガス調整器、特殊ガス流量計
特殊ガス配管工事など川口液化ケミカル株式会社までどうぞ
ご連絡ください。
TEL 050−8881−7393   

E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます

今日の埼玉のお天気は?
 8月21日 金曜日
 天気 はれ
 ボンベ庫の温度 朝28℃、昼34℃

です。
 新型インフルエンザが流行しています。
インフルエンザの菌には、乾燥した状態が良く活動します。
露点−55℃のドライエアールームで仕事をしているチームは
誰かが風邪を引くと瞬く間に残らず全員まとめて風邪をひくそうです。
また、人体の肺は湿度100%のため乾燥した状態を極度に
嫌うそうです。
この時期、暑くてクーラーが利いた乾燥した部屋に居ますが
これこそが感染を拡大している要因の一つなのかもしれません。
自然が一番。

投稿者: 管理人 日時: 2009年8月21日 22:23 |