シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

フロン分解システム

2009年6月 2日 18:58

 オゾン層は、上部成層圏(地上約20〜40km)に存在しており、生命に有害な波長
280〜320nmの紫外線(UV-B)を吸収しています。有害な紫外線は皮膚ガンや白内
障の原因となるばかりでなく、植物の生育を阻害するなど生態系にも影響を与えている
と言われています。1970年代後半からCFC(クロロフルオロカーボン)やHCFC(ハイドロ
クロロフルオロカーボン)などの化学物質によるオゾン層破壊が問題となり始め、オゾン層
保護のための対策が、地球を守るための緊急かつ重大な課題となっています。
 1980年頃から南極上空で毎年9〜10月にオゾン量が急激に低下する減少(オゾンホ
ール)が観測されており、さらに最近の観測では、オゾン層の破壊は南極だけでなく熱帯
雨林を除く地球全体に進行していることが確認されております。

 工業ガス業界でも積極的にフロンガスの回収や破壊(無害化)する取り組みが進められ
ております。九州のサツマ酸素工業株式会社さまでは、平成14年に早くもフロンガス回収
破壊センターを開設し、平成17年には自動車リサイクル法によるフロンガス破壊業務の受
託を開始されております。

サツマ酸素1.jpg
フロン回収破壊法・自動車リサイクル法・家電リサイクル法 資料

サツマ酸素.jpg
サツマ酸素製フロン分解システム
経済産業省・環境省 許可No,19H0013

 フロンと過熱蒸気と空気を高温の反応器へ吹きこみ、分解させることにより
99.99%以上の分解能力を実現し、すべてのフロンガスとハロンの分解が
可能です。
 この事業により、サツマ酸素工業株式会社さまは、財団法人屋久島環境文化
財団の賛助会員に参画され、1kgのフロンガスの破壊に対して3円の寄付を行
い、フロンガスの破壊量が増えると寄付金も増える仕組みをとられております。


フロンガス回収業務および破壊事業に関するお問い合わせは
川口液化ケミカル株式会社まで、ご連絡ください。
TEL 048-282-3665

E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます

今日の埼玉のお天気は?
 6月2日 火曜日
 天気 はれ
 ボンベ庫の温度 朝19℃、昼22℃、夜23℃

です。
 衣替えとなり、外回りの営業マンもそろそろクールビズで
移動される方も見受けられるようになりました。
まだまだ日影が涼しいので助かりますね。

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.