シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

凍りつくボンベ

2008年12月13日 11:36

私たちの生活の中で高圧ガスはあらゆる場所と環境で使われています。
冷蔵庫の冷却用ガス、ゴムフーセンのガス、研究所の分析に使われる
ガス。テーマパークの怪獣から吐き出されるガスなどなど・・・。

 これらのガスは社会の中で必要不可欠であり非常に便利なものです。
しかし、使用方法や使うガス機器に沿った正しい使い方をしないと非常に
危険な物質へと様変わります。

例えば LPガス(プロパンガス)。  

 使用用途はさまざまな場所で使われますが、燃焼するとクリーンで
高カロリーの熱エネルギーを得られることから、熱処理や鉄を溶かす
溶断、溶接などにも多く使用されています。

 こうした工場などで稀にガスタンクが白く凍りついた状態を見受ける
ことがありませんでしょうか?
何故、「タンク に氷が張付いているのでしょうね???

 それは、LPガス(プロパンガス:液化石油ガス)の特性で自然発生
が間に合っていない供給不足の可能性があります。
LPガスのボンベ内は約−42℃の液体が充填され
ています。この低温である−42℃の液体がボンベ内で気化しガス状
となって出てくるのですが、気化する量と、使用する量(燃焼す量)の
バランスが崩れ、使用する量が多くなるとボンベの周りから熱を吸収し
ガスを出そうとします。
 このことにより、周辺温度が下がり、ボンベへ凍りが張付くことになり
ます。この状況が続くとガスの発生量が著しく低下し気体のガスが
なくなり、失火(火炎が消える現象)になりかねません。失火すると、
安全装置が装備している機器であればガスを安全に停止しますが、
ついていない場合にはガス漏れの要因となり、事故を起こす可能性
があります。

 いつもボンベの外周に氷ついている状態であれば、ガス機器の発生量
やボンベの許容量などを調査しましょう。

そうでないとまさに、惨事で顔が凍りつく状況にも・・・。

 ちなみに弊社でお手伝いしている極寒の地である南極昭和基地でも
使用されるLPガスはボンベ庫も温めて使っております。


LPガス・プロパンガス・液化石油ガスなどとガス燃焼機器
のことなら川口液化ケミカル株式会社までご相談ください
TEL 048-282-3665

E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます

今日の川口のお天気は?
 12月13日 (土曜)
 天気 晴れ
 気温 12℃

です。
今日は初スキーで群馬県鹿沢スキーエリアに来ています。
長野県佐久市は澄みきった天気で空気がおいしく
スキーシーズンが始まったなーと感じました。

白銀のアウトドア 皆さんもどうぞ!!
by mitono

このページのトップへ

次の記事:エコジョーズ
前の記事:バイオ燃料
ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.