シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

ピラニ真空計

2008年9月 1日 21:22

 真空を計測する代表的なものが「ピラニ真空計」です。

発熱体(タングステンフィラメント)のヒーター温度(約400℃)
が熱伝導によって低下してくると電気抵抗が低くなる現象を
ホィートストーンブリッジ回路で検出するものです。
 
このフィラメントの温度は、圧力とともに変化します。フィラメント
の温度が変化すると、フィラメントの電気抵抗が変化しますので
ブリッジ回路の平衡がくずれる様子を測定するのです。

測定法には、発熱体の温度を上昇させ再平衡させたとき印加し
た電力を計測する定温法と、供給電圧(印加電流)を一定にし
非平衡電流を測定する定電圧法(定圧流法)があります。

定温法は直流電源の電力を制御して平衡電流をゼロにするので
正確で圧力範囲が広く優れいています。定電圧法は、厳密な意
味ではゲージ球の両端の電圧は一定にはならないが近似値的に
使用でき、扱いやすさに優れています。


真空ポンプ、真空ゲージ、真空チャンバーのご相談は
川口液化ケミカル株式会社までご連絡ください。
TEL 048-282-3665

E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます

今日の埼玉のお天気は?
 天気 はれ
 ボンベ庫の温度 朝25℃、昼27℃、夜29℃

です。
おっと!
今(PM10:00)、福田首相が辞任したようですね!
9月は変化の月になりそうです。

今日の環境情報は?
自然(生態系)から受ける恩恵はどんどん減少
世界で利用している淡水のうち25%は人工的に輸送したり
地下水を過剰に組み上げるなど永続可能ではない方法で利用
され、長期的に供給可能な限界を超えています。


このページのトップへ

次の記事:熱伝導真空計
前の記事:高圧ガス現場配管
ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.