シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

容器などのリーク検査

2008年2月24日 17:46

 自動車産業や時計、食品、飛行機、金属製品から
電気、航空宇宙、医薬品、電子部品、研究分野まで
対象物の漏れを検査する産業や用途は幅広いもの
です。
 それでも漏れの大きさにより測定方法は異なります。
例えば最も大きな漏れは、「水没法」と呼ばれ加圧した
試験体を水槽に沈め、気泡で漏れを確認します。漏れ
の量としては 10 2〜10 -3Pa.m3/sec 程度でしょうか。
 次が「加圧放置法」で、限られた容積の中に陽圧の
状態を保持し圧力降下を確認するものです。この方法
は 10 2〜10 -4Pa.m3/sec の範囲で測定可能です。
 加圧放置法の外部に漏れた水素やヘリウムなどのガ
スを検知して漏れを見つける方法が「スニファー法」と呼
ばれるもので ハロゲン冷媒なら10 -6Pa.m3/sec まで
水素なら 10 -7Pa.m3/sec まで測定範囲が拡がります。
 最も微少な漏れを測定する方法が、対象物を真空排気
して分子量の小さなヘリウムガスがどれだけ漏れの部位
を通過するかを測定するヘリウムリークディテクターによる
「真空法」や「吹き付け法」などがあり 10〜10 -9Pa.m3
/sec まで測定可能です。

 対象物の形状や大きさによっては上記のような方法が適
切でない場合も多々有ります。また、試験環境や計測機器
の準備、冶具の製作などが必要なことも多く、漏れ検査を必
要となった場合には準備を長めに確保されることをお勧めい
たします。

川口液化ケミカル株式会社
TEL 048-282-3665

E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます。


今日の埼玉のお天気は?
 2月24日
 天気 はれ
 気温 3℃

です。
瀬戸内海の海温が上昇して亜熱帯の
魚やエイなどの回遊魚が大量に捕獲され
地場産業のアサリなどを餌にして凄い勢いで
増殖しているそうです。
その温度差、たったの1℃だそうです。
何って?
温暖化が大きな要因だそうです。

このページのトップへ

次の記事:キセノンエンジン
前の記事:容器
ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.