シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

太陽の元素

2008年1月13日 21:05

 低温実験用、溶接用、分析ガス用、真空漏れ検査用
雰囲気用、宇宙開発用などに利用されているガスは?

ヘリウムガスです。

 ヘリウムガスが初めて発見されたのは地球上の元素を
見付けてのことではありません。1868年イギリスで皆既
日食を観測していた天文学者が、太陽のコロナの中から
分光分析した結果、新しい分光スペクトルを発見したのが
きっかけなのだそうです。
 当時、地球上ではないものと思われていたため、ギリシャ
語でヘリオスという「太陽」の意からヘリウムと名付けられ
たようです。
 その後、1881年イタリアのベスビアス火山の噴煙から
同じように分光スペクトルでヘリウムが確認されます。更に
1895年鉱物から抽出されるなどして地球上でも存在する
ことが確認されました。空気中にも極々わずかに5ppm程
度(100万分の5%)含まれていますが、このヘリウムは
地殻の中に含まれているラジウムのような放射性物質が
崩壊しながら放出したもので、天然ガス井戸から天然ガス
と一緒になって産出される天然資源なのです。日本国内
でも山形の寒河江などでヘリウムの含有する天然ガス井戸
が有ったようですが、現在はその埋蔵量のほとんどを占める
アメリカとロシアなどからの輸入に頼っているのです。

ヘリウムガスのご依頼、ヘリウムガス用極低温容器、低温
実験用クライオスタットの製作など川口液化ケミカル株式会社
までお気軽にご相談、ご用命ください。

TEL 048-282-3665

E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます。
よろしくお願い致します。


今日の埼玉県のお天気は?
 1月13日
 天気 はれ
 気温 2℃

です。
ただいま(午後9時30分)、さいたま市の市街地の
外気温は2℃です。
玄関にある金魚の水槽を屋内の廊下まで持ち込み
寒さに備えてます。
明日は水の凍結による、屋外の水道管の破裂など
現象として見られるかもしれませんね。

このページのトップへ

次の記事:超流動
前の記事:核融合発電
ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.