シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

ガス入り電球

2007年11月25日 23:05

 電球の中にガスが入っているのをご存じでしょか?

 そもそもエジソンが電球を発明した1879年の時点では
真空中の炭素フィラメントに電気を流したものでした。
その炭素フィラメントは高温になることで燃えてしまうため
1908年硬くて高熱に強いタングステンフィラメントを利用す
るようになります。しかし、当時の真空管中の残留ガスで
タングステンが白熱し高温で蒸発してしまい、ガラス電球
のなかにススが付着しました。
 1913年、これを窒素ガス雰囲気中でタングステンの蒸発
を抑えることに成功します。しかし、窒素ガスはタングステ
ンの蒸発を抑えるためにはよくてもせっかくの熱を奪います。
そこで窒素ガスより熱を奪うことなく不活性であるアルゴン
ガスを封入するようになりました。
 1927年今の東芝がアルゴンガス入りの白熱電球を製造
開始します。電球の中のガス雰囲気はアルゴンガス90%
窒素ガス10%の割合を基本とし消費電力が大きくなるほど
窒素ガスの充てん割合を増やしています。
 最近ではアルゴンの代わりにクリプトンガスなどを充てん
したハロゲン電球が利用されています。


窒素ガス、アルゴンガス、クリプトンガスなどのご相談は
川口液化ケミカル株式会社までお気軽にご連絡ください。

TEL 048-282-3665

E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます。
よろしくお願い致します。


今日の埼玉のお天気は?
 11月25日
 天気 はれ
 気温 9℃
です。
千葉内房方面へのアクセスが富津舘山道まで
高速道が全線開通し、首都高速圏内から1時間
少々で舘山まで到着することも可能になりました。
便利になりましたね。

このページのトップへ

前の記事:電気溶接の変遷
ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.