シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

溶断ガス アセチレン

2007年11月18日 20:18

 金属を切断したり溶接で接合したりするためには
母材を高温で熱する必要があります。

 そのために古くから使われてきたのがアセチレンガス
です。日本では1908年ごろから鉄の溶断用として使用
されだしたようです。現代では目の当たりにすることはあり
ませんが、お祭りなどの屋台で青白い炎と独特の異臭を
放つアセチレンカーバイト灯は、年配の方には懐かしさが
ご記憶にある方が多いようです(臭いは不純物のせい
だそうです)。
 アセチレン(C2H2)は、カーバイト(CaC2)と水(H2O)
との反応で熱を発しながら発生します。カーバイトは消石灰
とコークスを電気炉で焼いて作られますが、どの原料も第二
次世界大戦まで安くてどこでも容易に手に入るものでした。
 このアセチレンと酸素ガスとの混合火炎は最高6000℃の
高温になります。鉄の溶融温度が1530℃ですので鉄を溶
かして切ることも容易なわけですね。

 電気溶接機の台頭と石油化学によるエネルギー転換により
アセチレンの用途は徐々に少なくなっていったのです。

アセチレンガスや酸素ガス、溶断機、ガス供給設備のことなら
川口液化ケミカル株式会社までお気軽にご相談ください。

TEL 048-282-3665

E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます。
よろしくお願い致します。


今日の埼玉のお天気は?
 11月18日
 天気 はれ
 気温 9℃
です。
今日の強い北風で落ち葉が相当落ちてました。
最近は落ち葉で焼き芋もできないご時勢ですが
道端に落ちた落ち葉をサクサク踏みながら歩くと
なんだか気持ち良いですね。

このページのトップへ

次の記事:黒鉛 Graphite
ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.