シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

被覆アーク溶接

2007年11月 4日 21:45

 溶接方法の最もベーシックな方法である被覆アーク
溶接法は、アーク溶接の基幹をなすものとし広く活用
されています。

 基本原理は、心線のまわりにスラグ生成剤などを含む
フラックスを塗布した被覆剤に覆われた溶接棒を消耗
電極とする溶接法です。溶接棒を用い手動溶接をします
ので一般的には手溶接と呼ばれています。
 他のアーク溶接法と比べると、溶接機とホルダ、ケーブ
ルなどの簡単な装置で設備費が安く、手軽に溶接ができ
溶接条件の設定も簡単です。機動性に富み、風のある場
所でも使用できます。また、溶接機のメンテナンスは必要
最小限であり安価です。
 一方、短所は手動作業ですので自動化や機械化に適し
ていません。連続的に溶接ができないので溶接棒が短く
なれば交換が必要で、使い残しがでます。溶接後のスラグ
除去に時間がかかります。
 溶接棒に使用される溶接電源には、交流アーク溶接機と
直流アーク溶接機の2種類があります。それぞれの特徴は

交流機
・溶け込みが浅い
・アークが不安定になりやすい
・無負荷電圧は、直流アーク溶接機に比べて高い
・溶接機が安価
・構造は簡単です
・取扱、保守が簡単
・アークの磁気吹きが生じにくいです

直流機
・溶け込みが深い
・アークが安定しています
・無負荷電圧は、交流アーク溶接機に比べて低い
・交流機に比べ高価です
・構造が複雑です
・交流機に比べ取扱、保守が面倒です
・交流機に比べアークの磁気吹きが生じやすい

溶接用電源、ガス機器、消耗材など
川口液化ケミカル株式会社までお気軽に
ご相談ください。

TEL 048-282-3665

E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます。
よろしくお願い致します。


今日の埼玉のお天気は?
 11月5日
 天気 晴れ
 気温 14℃

です。
秋の寒気を感じはするものの、汗ばむ陽気で
元気な人はTシャツでも良いくらいのお天気でした。
11月にしては、やはり暖かいですよね。

このページのトップへ

次の記事:工業用洗浄剤
ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.