シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

液化ガスの液封

2007年8月14日 16:43

 ガス(気体)は圧力を加えると圧縮することが出来ますが
液化ガス(液体)の場合には、圧縮しても体積が小さくなる
ことがほとんどありません。ですが、逆に圧力が上昇すると
体積が増すその大きさは圧縮に対して大きく増えますので
注意が必要です。
 液化ガス充填工場では、このこと注意して、ある程度温度が
上昇して液の体積が膨張しても安全なように容器の上部10〜
15%程度の空間(気層)を残して充填してます。
 万が一、この空間が無い状態で充填してしまうと、温度が
上昇したときに液化ガスが容器内に充満し、圧力が上昇して
安全弁から液が噴出したり、最悪の場合には容器を破裂させる
ことになります。
 例えば、LPガスの場合を例にとると、水に比べて温度上昇に
よる膨張割合がとても大きく、プロパンは水の20倍、ブタンは
約9倍に増えます。LPガスをボンベに充填するときは、液面上に
10〜15%の空間を残すように充填することが定められており
これを守らないと、温度が上昇したとき液体が膨張して容器内に
充満して容器の内壁に過大な圧力がかかり容器を破裂させるこ
とになるのです。

ガスの物性を知ることは、大切なことですね。常に勉強です。

高圧ガスのことなら、川口液化ケミカル株式会社まで
お気軽にご相談ください。

TEL 048-282-3665

E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます。
よろしくお願い致します。


今日の埼玉のお天気は?
 8月14日
 天気 はれ
 気温 35℃

です。
夏休み期間が長く、交通渋滞も
分散しているようです。

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.