シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

湿式除害装置(スクラバー)

2007年6月15日 23:39

 排気ガスの無害化には、先日ご紹介した乾式除害剤による
除害方法と、酸やアルカリなどの水溶液をフラッシングさせ
中和する湿式除害装置があります。
 HClやCl2、HBrガスはアルカリ水溶液を使用して気液接触
により以下の反応で中和処理します。

HCl + NaOH → NaCl + H2O
Cl2 + 2NaOH → NaClO + NaCl + H2O
HBr + NaOH → NaBr + H2O

NH3は酸水溶液により同じく中和させる酸化反応処理になります。

2NH3 + H2SO4 → (NH4)2SO4

ClF3,BCl3は、物理吸着とアルカリ反応を併用する2塔式になります。
1塔目でH2Oの加水分解を行い、第2塔で未処理のガスとベーパー状
の酸性生成物をアルカリ水溶液で中和し無害化します。

4ClF3 + 3H2O → 2Cl2 + 6HF + 3F2O
Cl2 + 2NaOH → NaClO + NaCl + H2O
HF + NaOH → NaF + H2O
F2O + 2NaOH → 2NaF + O2 + H2O
BCl3 + 3H2O → 3HCl + H3BO3
HCl + NaOH → NaCl + H2O

実際にはガスが加水分解され、未分解ガス、発生ミストが
NaOHで吸収されます。HF、HCl、NaFが除害工程上で
生成されるので、吸着塔の設置場所には注意が必要です。

スクラバーのご相談、設計製作据付まで
川口液化ケミカル株式会社
TEL 048-282-3665 

E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

お気軽にご連絡ください。
ありがとうございます。


今日の埼玉のお天気は?
 6月15日
 天気 はれ
 ボンベ庫の温度 朝19℃、昼26℃、夜25℃

です。
日中、屋外の陽気は最高でした。
日陰に入ると涼しさを感じられるのが
気持ちが良かったです。
真夏は、日陰も暑いですからね。

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.