シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

塩化水素 MSDS

2007年3月 1日 23:30

 昨日の HCl 物性説明に続き、製品安全データーシートを
ご紹介いたします。

製品名 塩化水素(HCl)

物質の特定
化学名 : 塩化水素
含有量 : 99.99%以上
構造式 : HCl
分子量 : 36.46
官報公示整理番号 : 化審法 : NO.(1)−215
CAS番号 : No.7647−01−0
NIOSH : No.MW9610000
国連分類 : クラス2.3 標札Gj
国連番号 : 1050

危険・有害性
種 類 : 高圧ガス、毒性ガス、不燃性ガス
危険性 : 塩化水素自体は、爆発性はないものの、湿気があると金属を
       侵して水素を発生し、この水素ガスが空気と混合して爆発を
       起こすことがある。
有害性 : 皮膚、眼、鼻、喉、上気道粘膜に強い刺激作用があり、接触すると
       火傷を負う。また、吸入すると肺水腫になる可能性がある。

応急処置
皮膚についた場合 
 ただちに汚染された衣服や靴などを脱がせ、付着部または接触部を多量の
 水を用いて洗い流した後、医師の手当てを受ける。化学的中和は行わない。
目に入った場合
 ただちに流水で15分以上洗顔し、医師の手当てを受ける。
吸引した場合
 呼吸が停止している場合には人工呼吸を行い、呼吸困難な場合には酸素
 吸入を行う。
飲み込んだ場合
 意識明確時はミルクまたは水を与える。吐かせたり重曹などの中和剤を
 与えてはいけない。

火災の措置
消化方法 : ガスの元栓、容器用弁などを締め、火災場所へのガスの供給を
        停止する。容器が火炎に曝されると内圧が上がり破裂する危険が
        あるので、出来る限り、容器を安全な場所に移動する。
        必要に応じ散水し、容器を冷却する。容器または弁が損傷した疑いが
        あるときは、必ず空気呼吸器などを着用し、消火活動にあたる。
消化剤 : ドライケミカル、炭酸ガス、水

漏出時の措置
・漏洩箇所、周囲の状況などを正確に判断し、付近の作業員および所定の方法により
 必要部署に連絡する。
・作業にあたっては、空気呼吸器などの保護具を着用し、容器用弁の元栓など、ガス
 供給系を停止する。
・漏洩処置を行う場合、必ず漏洩箇所の風上側にて操作する。
・容器弁からの漏洩時には、容器はシリンダーキャビネットまたは容器収納筒に収納し
 ガスの拡散を防止する。また、ハンドル、盲ナット、または安全栓を増し締めをする。
 とまらないときは、防災キャップを取り付け、容器を開放された危険性のない場所に
 移動し、メーカーに連絡の上返却する。
・配管、設備から漏洩している場合には、容器弁を閉め、系内を不活性ガスで置換した後
 漏洩箇所を修理する。


以上。 
明日に続きます。

ガス、ガス機器、ガス配管工事のことなら
川口液化ケミカル株式会社までお気軽に
ご相談ください。

TEL 048-282-3665

E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます。
よろしくお願い致します。


今日の埼玉のお天気は?
 3月1日
 天気 晴れ
 ボンベ庫内の温度 朝6℃、昼10℃、夜9℃

です。
朝一番の上空は、真っ青な青空でした。
今日も風が強かったですね。

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.