シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

添加元素の特性

2007年1月24日 22:27

 ガス設備には機器の素材として、SUS304,SUS316L材などが
多く利用されております。
ステンレス鋼における素材の違いは、オーステナイト系、オーステナイト
・フェライト系、フェライト系、析出硬化系、マルテンサイト系、など

スチール+クロム+ニッケル+カーボン+モリブデン+ニオブ+窒素

などをそれぞれ配合した規格鋼種が数多くあります。
それでは、ステンレス鋼に及ぼす添加元素の影響をご紹介しましょう!

・元素記号               
・ステンレスに及ぼす影響

・Al(アルミニウム)
・強力なフェライト化元素です。
・耐酸化性を増します。
・Niなどと金属間化合物を作り、析出硬化し強度が増す。

・B(ホウ素)
・100ppm以上の添加で熱間加工性、靭性を低下し溶接熱影響
 の熱間割れを起こします。
・高温特性とくに高温靭性の改善に効果的な元素です。

・Be(ベリリウム)
・オーステナイト鋼に添加すると時候硬化が生じます。
・析出硬化型ステンレスに応用されることもあります。
・フェライトの強化に有効的です。

・C(炭素)
・強力なオーステナイト化元素です。
・各種元素と化合物を作り、硬さ、強度を増します。
・オーステナイト結晶粒界にCr炭化物を析出し、粒界腐食を起こします。

・Ca(カルシウム)
・比重が小さく、爆発的に反応するので単独添加では効果はありません。
・複合脱酸剤の使用により脱酸、脱硫、脱ガス効果を示します。
・表面性、洗浄度、熱間加工性が改善され、ステンレス鋼の性質改善に寄与します。

・Cr(クロム)
・フェライト化元素です。
・12%以上添加すると耐食耐酸化性が著しく増します。
・ステンレス鋼の基本元素です。
・熱間強度を増します。

・Cu(銅)
・オーステナイト化元素です。
・N(窒素)との親和力があり、ステンレス鋼のN(窒素)吸収力を増します。
・硫酸イオンに対し、耐食性を改善します。
・熱間加工性を害します。

・H(水素)
・熱間加工時に毛割れの原因となります。
・高Niステンレス鋼の溶鋼中に大量に溶け込み、凝固時に析出して
 ピンホールを形成しやすいものです。

・Mn(マンガン)
・S(硫黄),Se(セレン)などと化合物をつくり、被切削性を増します。
・オーステナイト化元素で、Ni(ニッケル)の約50%の能力があります。
・N(窒素)との親和力があり、ステンレス鋼のN(窒素)吸収力を増します。

・Mo(モリブデン)
・複炭化物を作り、焼き戻し抵抗性を増します。
・硫酸イオンに対し、耐食性を改善します。
・熱間強度、耐クリープ性を増します。

・N(窒素)
・強力なオーステナイト化元素です。
・高温強度を増します。
・オーステナイトステンレス鋼の耐力を向上させます。
・低温の靭性を増します。

・Nb(ニオブ)
・強力な炭化物生成元素であると同時にフェライト生成元素
 としても作用します。
・添加することにより高温の強さ、クリープ強さ、硬化が増します。
・熱間加工性が劣化し、溶接時にアンダービードラックが発生します。

・Ni(ニッケル)
・オーステナイト化元素です。
・耐食性、熱間強度を増します。
・オーステナイトステンレス鋼の基本元素です。

・O(酸素)
・酸化物を作り加工性を害します。
・強度、靭性を害します。

・P(リン)
・熱間加工性を害し、機械的性質を劣化させます。
・オーステナイト鋼に適量添加すると熱間強度を増します。

・S(硫黄)
・熱間加工性を害します。
・Mn(マンガン)、Te(テルル)、Mo(モリブデン)などと化合物をつくり
 被削性を増します。

・Se(セレン)
・被削性を向上させます。
・硫酸に対してかなりの耐食性を示します。

・Si(ケイ素)
・フェライト化元素です。
・大量に添加すると靭性が低下します。
・耐酸化性を増します。
・脱酸剤として使用されます。

・Ti(チタン)
・強力なフェライト生成元素です。
・強い脱酸、脱窒、脱硫効果を示します。
・800℃くらいまでクリープ破断強さを向上させます。
・適当量を超えての添加は靭性およびクリープ破断性の
 強さを低下させます。

・U(ウラン)
・炭化物生成元素です。
・高温脆性の改善に有効です。

・W(タングステン)
・フェライト生成元素です。
・添加により時効硬化を示し、引っ張り強さ、クリープ

・Zr(ジルコニウム)
・炭化物およびフェライト元素である。
・添加によって二次的にステンレス鋼の機械的性質を改善します。
・耐塩性、硝酸性を向上させます。


特殊ガス設備のご相談は川口液化ケミカル株式会社まで
ご相談ください。

TEL 048-282-3665

E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。


今日の埼玉のお天気は?
 2007年1月24日
 天気 晴れ
 ボンベ庫内温度 朝5℃、昼6℃、夜2℃

です。

今日は風が無かったものの、体感気温は

かなり寒く感じる一日でした。


人生の格言
人間の哀しさとは?
「最上の金属は鉄。
 最上の植物は小麦。
 最悪の動物は人間である。」
(フラー)

このページのトップへ

次の記事:鋳物 製造工程
前の記事:液体窒素発生装置
ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.