シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

ガス廃棄 技術上の基準

2007年1月20日 21:33

高圧ガス保安法 一般高圧ガス保安規則
例示基準に定められている
高圧ガスの 「廃棄の基準」をご紹介します。

1、可燃性ガスを廃棄する場合は、出来るだけほかの容器などに
  移し変えた後に行い、次の各号の基準によるものとする。
 1.1ドレン切り操作時にやむを得ず少量放出される場合を除き   
    液状のまま放出しないこと。
 1.2容器などから廃棄する場合は、火気を取り扱う場所又は
    引火性もしくは発火性のものを体積した場所及びその周囲
    8m以内を避け、通風良好な場所で行い、かつ、付近の保安
    物件に爆発下限界の1/4を超える濃度のガスが到達する
     恐れのないように少量ずつ行うこと。
 1.3容器以外の高圧ガス設備から大気中に廃棄する場合は
    焼却炉またはフレアースタックなどで燃焼させること。ただし
    付近に滞留するおそれのない通風の良好な場所で、できるだけ
    高所で少量ずつ放出し、放出したガスが速やかに拡散され十分
    安全が確保できるよう廃棄する場合はこの限りでない。
2、毒性ガスの廃棄は、燃焼又は吸収、中和などの処理を行うことにより
  十分安全なものとして放出し、またはこれらの処理をせず、毒性ガスを
  直接空気中に放出する場合には、通風の良好な場所で、かつ、できる
  だけ高い位置で行い、放出したガスを速やかに許容濃度以下に拡散し
  危害を他に及ぼすおそれのないように少量ずつ行うものとする。
3、液化酸素の廃棄は、次の各号の基準によるものとする。
 3.1液化酸素は屋外で放出すること。
 3.2配管又はフレキシブルパイプ等を使用して放出するときは、専用の
    ものを用いること。
 3.3放出部付近に可燃物を置かないこと。

などとしており、むやみやたらに廃棄することを禁じております。
ご注意ください。

高圧ガス、高圧ガスに関する機器などのご質問ご相談のことなら
川口液化ケミカル株式会社までご質問ください。

TEL 048-282-3665

E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

ありがとうございます。
よろしくお願い致します。


今日の埼玉の朝のお天気は?
 2007年1月20日
 天気 晴れ
 気温 3℃

です。

夕方には、ミゾレ交じりの小雨が舞いました。

冬の最も寒い時期です。

お体お大事に!

人生の格言
人間の哀しさとは?
「人間も、ほんとうに低劣になってくると
 他人の不幸を喜ぶ以外にはもはや
 何ら興味も持たなくなる。」
(ゲーテ)

このページのトップへ

前の記事:ガスの廃棄
ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.