シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

配管の腐食

2006年11月12日 22:55

ガス配管は、長期間使用する場合原則的には金属配管で
施工されています。

その金属配管も、高温多湿の日本の気候では、万能ではありません。
金属のの腐食によるガス漏れは、どれだけ進むのでしょうか?

金属配管の外部から進む腐食を「外面腐食」と呼びます。
この外面腐食は、水分が飽和状態の雰囲気で発生しやすいとされています。
しかも流体自体の温度が、−10〜110℃の範囲で現象として起き得る
危険温度範囲ですので、一般ガス配管はほぼすべて該当します。
更に、配管の拡張ポートなど行き止まり部や、連続運転することが無いような
断続運転設備、極低温や超高温が続く設備など特に注意が必要です。

危険箇所として・・・

・板金不良、破損箇所
・配管サポート(アンカー、吊りサポート部)など板金切削部
・保温、冷熱バルブ、ノズル部分
・フロアー、壁貫通部の板金切削部
・防液提の貫通部など
・結露した溜り部が接触する配管
・ピット内の配管
・地上転がしか配管
・ノズル、ラダー取り付け部
・補強リング部
・アンカーボルト
・スカート、耐圧部耐火部など接合部

金属だから大丈夫! などタカをくくっていると
こんなに腐食するものなのかとビックリするような
状況が、ごくごく身近な環境でで進んでいることがあるのです。

もちろん、酸やアルカリなど、土壌のHPがずれている可能性のある
屋外など注意が必要です。

ステンレス配管などのご相談ご用命は
川口液化ケミカル株式会社まで
ご連絡をお願い致します。

TEL 048-282-3665

ありがとうございます。


人生の格言
運命を切り開く言葉とは?

「すべての人は自己の運命の創造者である」
(スティール)

このページのトップへ

次の記事:移動・輸送
ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.