シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

燃料ガスの発熱量

2006年10月14日 22:19

 可燃性ガス単体での発熱量はガス種により異なります。
プロパンガスなどがエアーバーナーとして一般的ですが
他のガスと総発熱量で比較するとどうでしょうか?

ガス種          総発熱量 kcal/kg
水素            33,886
炭素            7,829
一酸化炭素        2,414
メタン           13,267
アセチレン        11,997
エチレン          12,023
エタン           12,398
メチルアセチレン     12,354
プロピレン         11,692
シクロプロパン      11,868
プロパン        12,034
ブタジエン1-3      11,240
エチルアセチレン    11,478
ブタン           11,837
イソブタン         11,808

水素はともかく、メタン、エタンなどの発熱量が
多いようです。

因みに、燃料ガス+酸素ガスとの火炎温度は
いかがなものでしょうか?

水素   +酸素   2,500℃
一酸化炭素+酸素    2,900℃
メタン    +酸素   2,700℃
アセチレン +酸素   3,100℃
プロパン  +酸素   2,900℃

やはりアセチレンがチャンピオンですね。
だからこそ鋼板切断にはアセチレンガスが
多用されているわけです。


燃料ガスのお問い合わせは川口液化ケミカル株式会社まで
どうぞご相談ください。
TEL 048-282-3665

E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

よろしくお願いいたします。
ありがとうございます。

今日の格言
女性にとっての人生観とは?

「愛は一切に勝つ?」
(ヒルティ)


このページのトップへ

次の記事:金属加工工程
ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.