シリンダーキャビネット、配管工事や低温から高温まで幅広いガスの利用をバックアップ。特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D - 川口液化ケミカル株式会社

川口液化ケミカル株式会社 - 特殊ガス・配管工事・ガス・真空・化学製品供給ののR&D

WEBで問い合わせ 048-282-3665
川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

質量の割合

2006年10月10日 22:46

宇宙のお話

宇宙の神秘はとてもミステリアスです。
まだまだ解明されていない、知りえない秘密がたくさんあります。

その中で

「太陽系のガス惑星を回る衛星は、岩石惑星に比べて小さい。」

そうです。


 太陽系の巨大ガス惑星に対して、衛星の質量の比率は
非常に小さいのだそうです。地球周りを回る月のように、もっと
大きな衛星は誕生しなかったのはどうしてなのでしょう?
それは、どうやら衛星は大きくなりすぎると惑星に飲み込まれて
しまう運命にあったようです。


 私たち岩石惑星である地球の衛星である月の質量は、地球の1%。
氷と岩石の惑星である冥王星の場合には、本体の10分の1もある
巨大な衛星カロンを従えています。
 これに対して、ガス惑星の場合は、すべての衛星をあわせても0.01%
程度にしかならないらしい。さらに、この「0.01%程度」という惑星と衛星
の質量の割合は、どのガス惑星でも同じなのだそうです。
木星の衛星は4つのガリレオ衛星だけが大きく、他はひじょうに小さい。
その他の、土星の衛星はタイタン1つだけがずば抜けて大きく、小さめの
衛星がいくつか存在しています。
 このようにガス惑星によって構成が異なっていはいますが、衛星の質量
を合計しますと、なんと惑星に対してほぼ一定の割合になるのだそうです。

 いま現在のガス惑星の周りを回っている衛星は、惑星の周りに誕生しては
消滅してしまった何世代もの衛星の、最後の世代なのだそうです。
初めのうちに誕生した衛星の周りには、まだ円盤のガスが残っていて、衛星と
ガスとの間に作用する重力が衛星に働いており、衛星が大きくなるほど強くなる
ので、成長しすぎた衛星は惑星へと落下して脱落してしまい、残った値が同一だと。

不思議ですね。

ガスに関することなら川口液化ケミカル株式会社まで
どうぞご相談下さい。
TEL 00−8881−7393

E-mail : CutHere_info@klchem.co.jp

よろしくお願い致します。
ありがとうございます。

今日の格言
女性にとっての人生観とは?

「神様がお言いつけになられたのだから、そのとおりに
 しなければならないと思いました。たとえ父親が100人
 母親が100人あったとしても、たとえ王様の娘だったと
 しても、それでもやはり私は出発したことでしょう。」
(ジャンヌ・ダルク)

このページのトップへ

ブログ記事タイトル一覧

カテゴリー

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

 


埼玉杉戸 無農薬稲作

無農薬稲作

川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせは、
お問い合せフォーム・メールもしくはお電話でお願いいたします。
9:00〜17:00(土日祝日を除く)
〒334-0073 埼玉県川口市赤井4-16-20
Tel:(048)282-3665 Fax:(048)281-3987

Copyright(c)2003-2015. Kawaguchi Liquefaction Chemical Corporation All Rights Reserved.